INTI International Universityでの留学を終えて

私はこの夏、マレーシアのINTI international Universityに2か月間留学しました。留学中は、毎日4時間の英語の授業に加え、平均2時間の自習(課題・予習・復習)に取り組んでいました。また、週末は観光やアクティビティ、自由行動などを楽しみました。こうした留学生活の中で学んだことが大きく2つあります。

1つ目は積極的に自分が学ぼうとすれば多くのことを得られるということです。私のクラスには日本人が8名、中国人が15名いたのですが、私は自分から中国人の隣に座り、授業を受けることで、英語を使って話す機会を増やしました。クラスメイトの中国人はみんな優しくしてくれましたし、家に招待してくれてご飯を一緒に食べたりするくらい仲良くなれました。お互いの国のことを話すことで、文化の違いを学べました。また、私は梅光学院大学から引率で来ていた先生が教会に連れて行ってくださったのがきっかけで、留学中、毎週日曜日は教会に行っていました。日本では、梅光の日曜礼拝しか行ったことがなかったのですが、マレーシアの教会はライブ会場のようでした。日本人の私を歓迎してくれる雰囲気に包まれていて、知り合って間もないのに教会の人は私が困っているとすぐに、いつでも助けてくれました。もちろん英語でしかコミュニケーションがとれないので、なかなか思っていることが言えなかったり、聞き取れなくて自分の英語力のなさに初めはがっかりしましたが、それでも教会で出会った友達はわかりやすく説明してくれました。彼らと過ごす時間が経つにつれて私の耳や英語を話す力も上がっていき、言いたいことを英語で言えるようになっていきました。

学んだことの2つ目は、「とにかくやってみる」ということです。マレーシアでは、本当にいろいろな食べ物を食べました。ごくまれに口に合わないものもありましたが、とりあえず食べてみようという精神で食べたので、マレーシアの料理を楽しむことができたし、美味しいものをたくさん発見することができました。また、ある時、日本人の友達が体調が悪くなり、病院に連れて行くという場面がありました。私は本人に代わって、INTIの先生方に病院に行きたいことや彼女の症状を英語で伝えることを引き受けました。もちろん初めての経験だったので、どうすれば伝わるかわかりませんでしたが、とにかく私の英語で伝えてみたところ、理解してくれて無事に病院に行くことができました。

このマレーシア留学では楽しいこともたくさんありましたが、どうなるかわからない場面に遭遇することもありました。そんなときに、その状況を恐れるのではなく、どうすればその問題を解決できるかを冷静に考え、周りの人と協力しながら乗り越えてきました。日本では得ることができない貴重な体験になったと思います。

このような体験ができたのも、常に学ぼうとする姿勢を持ち続け、日本とは違う文化や習慣を受け入れ、楽しみ、トラブルが起きても動じずに対処していったからだと思っています。日本に帰って1ヶ月近くが経ちますが、この経験を活かしてどう残りの大学生活を送るのか、将来どうするのかを考えながら有意義な学生生活を送りたいと思います。また機会があれば是非マレーシアに行きたいです!!

英語コミュニケーション専攻
2年 斎藤玲奈

マレーシア留学 INTI 第二回レポート

英語英文学科3年 武原 龍晟

image011

皆さん、こんにちは。マレーシアINTI college Subangで留学中の英語英文学科3年武原龍晟です。本日は、この2ヶ月間のマレーシア留学を振り返りたいと思います。

第一回レポートを提出後も大学での授業はもちろん、週末はクアラルンプールへ買い物に行ったりと、とても充実した生活を送ることが出来ました。

マレーシアで過ごす最後の週末には、クラスメイトと近くの映画館で最新の洋画を観ました。人生初の日本語字幕無しの映画鑑賞でしたが、かなり理解することができました。価格は日本で観るよりもはるかに安い15RM(約450円)と驚きの価格でした。映画館の売店には、日本と同じように2種類のポップコーンが販売されており、ポップコーンを食べながら映画を楽しむことが出来ました。

image001

image003

ここで少しお世話になった先生方をご紹介します。

Mr.Donchin:私が在籍したLEP105B Reading&Writing授業担当。

アメリカ ボストン出身。11年前に静岡県で1年間英語教師をされていたこともあり、少し日本語ができます。日本語以外にも、マレー語、ヒンディー語、スペイン語と他の言語も話すことが出来るInternationalな先生でした。

Mr.Bryan:LEP105BS peaking&Listening授業担当。

カナダ出身。とてもフレンドリーで授業中はいつも冗談を言ったりと、彼の授業は笑いが絶えませんでした。Speakingに関して何度も彼からアドバイスを受け、改善することが出来ました。

 image005

image007

今回の留学でも多くの人たちと出会うことが出来ました。2ヵ月間という短いではありましたが、彼らとの思い出は数え切れません。特に2ヵ月共に勉強したクラスメイト、そして2ヵ月生活したルームメイトには大変お世話になりました。

image009

image014

私は今まで梅光の留学制度を利用して、セブ島、オーストラリア、そして今回のマレーシアと3度留学に挑戦しましたが、今回のマレーシアが一番楽しむことができました。なぜなら、アジア中から来た友人たちとの生活を通して、自分の英語力に自信を持てるようになり、今までの留学以上に充実していたからです。

今回の留学で得た英語力、経験を基にこれからの大学生活も頑張ります。

そして、次回のTOEICでは750点以上獲得を目指します‼

武原 龍晟さんのマレーシア留学INTI第1回レポート はこちらをクリックmouse

マレーシア留学 INTI 第一回レポート

英語英文学科3年 武原 龍晟

image001

皆さんこんちにちは。国際言語文化学部英語英文学科3年の武原龍晟です。私は8月下旬から、マレーシアにあるINTI International Collage Subangでの2か月間の留学に参加しています。プログラムが始まり4週目に入り大分落ち着いてきたので、今回1回目のレポートを書かせて頂きます。

私は、INTIのLEPと呼ばれているプログラムに参加しいます。このLEPとは、Language English Programの略称で、英語を集中的に学ぶプログラムです。日々の授業は、アメリカ、カナダなどの英語圏出身のネイティブの先生方によって行われ、読み書き中心のReading&Writingと話す聴く中心のListening&Speaking2つの授業が1日4時間あります。また、放課後はオンラインの課題が2時間あります。授業を一緒に受ける仲間は中国、インド、マレーシア、バングラデシュと世界各国から来ており、とてもインターナショナルな環境で学んでいます。

image003 image005
 

現地では、INTIが指定してるコンドミニアムに住んでいます。4人1部屋でルームメイトは、中国人と日本人です。コンドミニアムですので、食事はついていません。その為、毎回外食しています。近所に2つ大きなモールがあり、そこで毎回食事を摂っています。モールには、ダイソーやベスト電器などの日系企業のショップもあり買い物も便利です。また、コンドミニアムの5階にジムとプールがあり無料で利用できるので、勉強に疲れ気分転換に週に2回ほど行っています。

image007 image009

最後に、先日参加したINTIのInternational Officeが主催するマラッカ1日ツアーについてです。先週の土曜日に私は、一日ツアーでマラッカに行ってきました。大学を8時に出発して片道3時間かけてバスでマラッカへ。到着後近くの中華街でお昼を食べ、寺院に向かいました。寺院から眺めるマラッカの景色は最高でした。夜までは散策や買い物を楽し み、最後はナイトマーケットで夜ご飯を食べて大学帰りました。このツアーで様々な国から来た学生との輪が広がり、参加して良かったと思いました。

image013

帰国までの残り四週間、勉強は勿論のこと様々な事を学び、経験して帰国後の学生生活にも繋がるようにもっと頑張ります。