お世話になった先生方へ…♡

帰国まで残り4日となりました。1ヶ月という短い期間でしたが、たくさんの思い出が出来ました。毎日教えていただいた先生方とのお別れは、とても寂しく感じます。感謝の気持ちを伝えるため、私は手紙を書くことにしました。
Image (1)忍者や歌舞伎など、日本の絵柄が印刷されている折り紙と写真を利用して作ります。日本の文化に興味のある先生が多いので、喜んでもらえると嬉しいです。

全文英語で書くことは少し難しいですが、習った英語を使って自分の想いを伝えようと思います。

セブで暮らしてみて^^

セブ島に来て3週間経ちました。

セブ島に来てからは新しい友達と出会い、たくさんの思い出ができ、楽しく過ごせています。しかし、海外ではハプニングがつきものです。電気や水、wifiが全て使えなくなることもありました。日本では当たり前と思っていることが、ここでは当たり前のことではない。日本ではとても贅沢な暮らしをしているんだなと思いました。と同時に、フィリピンの良さにも気づけます。まず、フィリピン人はとてもフレンドリーです。たくさんの人が話しかけてくれるし、困っていたら自ら助けてくれます。とても温かさを感じます。
異国での経験は、改めて日本の良さに気づいたり、海外の良さを知れたり、と英語以外にも学ぶことがたくさんあります。毎日、貴重な経験をしているんだなと思います。
Image

セブでの購入品

私はCDUという学校に留学し、授業を受けています。CDUの先生たちはみんな親切でおもしろく英語を勉強するにはうってつけの場所だと思います。

授業がない休日は色々なモールに行ってたくさんの欲しいものを買いました。セブでの生活は、平日は6コマ授業があり、夕方からは自由な時間です。休日と祝日は、基本的に自由で、次の日が休みの時の門限は夜の12時までとなります。私はアヤラモールという大きなモールを特に気に入って、利用していました。アジアで4番目に大きいモールでたくさんの店があります。1日かけても全て周り尽くせないほどです…!日本の店もたくさんあり安心して買い物が出来たためほんとによかったです。

↓ 私がセブで購入したものです ↓
Image-1

プソとは…!?

私は、弟へのお土産にセブ島のプソという食べ物がモチーフになっているストラップを買いました。今日は、そんなプソについてご紹介します!Image (2) プソとはココナッツの葉でご飯を巻いた、日本のおむすびのようなものです。作り方は、まず、ココナッツの葉をひし形状に作り、そこにお米を入れ、沸騰したお湯の中に入れてしばらくしたら取り出して完成と非常にシンプルです。
先日、ボランティアに行ったときに、家を訪問し、プソを作っているところを見せてもらいました。そこで、実際にプソを味見させていただきました。見た目はおにぎりでしたが、味はもち米のような味で美味しかったです。プソのココナッツの葉の編み方を小さな子達も知っていて、ものの数分で編み上げているところを見た時は驚きました。

CDUについてご紹介します!

今日は私たちの通うCDUについてご紹介します!
Image-1 (1)この写真の一番奥がグループの時に使う部屋で、両側はマンツーマンの部屋です。CDUの先生たちは水曜日以外はピンクの服を着てます。水曜日は洗濯に出す日みたいで、その日は先生たちは自由な服装をしています。Image (1)2枚目は廊下の写真。先生や生徒たちが10分休憩の時には出てきて、喋ったり、遊んだりしています。歩いていると色々な先生が挨拶してくれたり、声をかけてくれるので、自分の担当の先生以外の先生とも仲良くなれます。

enjoy holiday!

今日は私たちの通うCDUの近くにあるCebu Westown Lagoonというプールに行ってきました!
Image入場料は300ペソでとても安く、大きなスライダーや温水ジャグジーもあり充実していました:) 子供向けのエリアもあり、幅広い年齢層の人が楽しめるプールになっていました。夜はライトアップされて雰囲気も変わり、みんなでゆっくりと楽しむことができました!
Image-1日頃の疲れを癒すことが出来て、とても良かったです♡

幸福とは

今日はCDUとSMEの学生が合同となって、数年前の震災により避難所での生活を余儀なくされている方々を訪問してきました。到着時、笑顔の素敵な元気いっぱいの子供たちが出迎えてくれました。

子供たちはみんな積極的に話しかけてきてくれました。言葉が通じなくても、気持ちは通じ合うことが出来たので良かったです。

子どもだちは、とても生き生きとしていたため、貧しい環境の中で生活しているようには感じられませんでした。でも、彼らが常に生き生きとしていて笑顔でいられるのには、理由があったのです。それは、「例え苦しくても、自分が笑顔でいれば周りも笑顔になる。その顔を見れば自分はさらに笑顔でいられる。」という考えです。この考え方は、あまり日本では感じられない考え方だったので驚きました。Image-1 (4)今回のスタディーツアーでは、自分が何かをしてあげることよりも教わることの方が多かったです。今までの自分がいかに未熟だったかを思い知り、自分の考え方を大きく成長させるきっかけとなった気がしました。

Island hopping

8月28日(月)、セブ島は祝日だったので、CDUのマネージャーさんが、他大学の皆さんと一緒にisland hopping に連れて行ってくれました。
想像していた以上に海がきれいで心が浄化されました☺️
Image (4)写真ではわかりませんが、ファインディングニモでみたことのあるようなお魚さん達がたくさんいて可愛かったです❤❤
お昼は違う島に移動して豪華なランチをいただきました!
Image-6Image-2 (1)お昼を食べた後、2時間ほど自由行動だったので島にあるプールで友達と楽しく過ごしました!

そして、今日のメイン!
パラセイリング!!Image-1 (2)

とても高く怖かったですが、上からの眺めもとてもきれいでした。

Image-3セブ島に行った時には是非パラセイリングにトライすることをオススメします✌Image-4

CDUの授業についてご紹介します!

今日は、3連休明けで久しぶりの授業でした。セブ島に来て1週間が過ぎ、授業や生活リズムにもだいぶ慣れてきました。

CDUでは、授業全8コマのうち、6コマはマンツーマン授業で、2コマがグループレッスンです。マンツーマンレッスンでは、テキストを使用しながら先生と一対一の会話をします。拙い英文であっても、こちらの”伝えたい”という強い思いや意欲的な態度があれば、先生は一生懸命理解してくださいます。フィリピンの先生はとても明るく、元気です。間違いを恐れずに、積極的に話すことが大切だと感じました。

CDUでの生活は残り3週間あります。自分の英語のスキルアップのために1日1日の授業を大切に、たくさんのものを吸収して、過ごしたいと思います。
Image (2)