オーストラリア留学を終えて

国際ビジネスコミュニケーション専攻 2年 田中智也
D74008E4-3436-42D4-9019-94BE835577EC

私は今回のオーストラリア留学で一番自分の為になったのは、日常会話で英語を使う機会がたくさんあったことでした。私は一人ステイだったので日本語で喋ることはもちろんなく、英語だけを使って喋らなければいけませんでした。最初の頃はうまく喋ることができませんでしたが、単語だけで喋るのはやめようと、留学前に決めていたので、頑張って文章を作って喋るように心がけました。決して流暢に喋れるようになったとは言えないかもしれませんが、文章で会話することができるようになりました。会話も最初の頃は聞き取ることが難しかったのですが、できるだけホストファミリーと話す機会を増やそうと心がけていたし、ニュース番組や映画などもリスニングの練習だと思って見ていたので、一ヶ月後にはだいぶ聞き取れるようになっていました。私のホストファミリーはとても親切にしてくれたのでとても良い生活を送れました。

学校では、普通の英語の授業もありましたが、多くは英語を通して何かをするという授業だったので新鮮な感じでとても楽しく授業ができました。例えば、ドラマは英語を専門的に勉強するのではなく、英語で演劇をするという授業でした。何気ない打ち合わせなどの会話も英語でしていたのでとても良い授業になりました。また先生たちもとても親切で、日本語を話せる先生があまりいなかったので英語を話す機会がとても多かったです。また全く違う国の人たちと触れ合う授業もあって色んな種類の英語を聞くことができたし、違う文化のことを知ることができたので良かったです。

IMG_0855

64BCEC1E-83CD-40E8-87D4-60561A321FE7

オーストラリアの国民のおよそ半分が、親かその親がオーストラリア人以外の国で生まれた、という多文化の国です。日本ではほとんどが日本人なので、オーストラリアはすごく面白い国だなと思いました。またオーストラリアの人たちはとても親切だったし、面白い人が多くて、いい国だなと思いました。とても周りの人たちに恵まれていたので、ここでの出会いは大切にしたいなと思いました。このオーストラリア留学は私にとって大きな経験だったので、行って正解だったと思います。またオーストラリアにいつか戻ってお世話になった人たちと流暢になった英語で話して、恩返ししたいと思います。

 前年のオーストラリア留学後レポート 「オーストラリア留学を終えて」 はこちらをクリックmouse

オーストラリア留学を終えて

文学部人文学科英語コミュニケーション専攻 2年 古賀文弥
IMG_4313

私は留学前レポートで3つのことを目標に挙げていました。英語能力の向上、スピーキング能力の向上そして異文化体験の3つでした。

1つ目の英語能力の向上は、主に文法のことです。授業中の一部で過去の日本人学生によくありがちな文法上の誤りを正すものがありました。私自身も誤りはないと思っているものもありましたが、ネイティブの人とっておかしいと思われるような誤りがたくさんでした。また、ライティングの授業ではaとtheの使い方、冠詞の大切さを学びました。冠詞は私がよく理解できておらず、おざなりになっていた部分でもありました。だからネイティブの先生に教えてもらったことで自分の糧になりました。

thumbnail_IMG_4866

thumbnail_IMG_4311

2つ目はスピーキング能力の向上でした。私は日本を出国するまではホストファミリーと会話することは差し支えなくできるだろうと思っていました。しかし初日にステイ先の家に帰りホストファミリーから話しかけられたのですが、彼らが言っていることが早すぎて何も理解できませんでした。さらに、私が伝えたいこともろくに伝わらず自分自身に失望しました。2日目からはくじけてはならないと思い、ホストファミリーや大学の先生に自ら積極的に話しかけコミュニケーションを図ろうとしました。その結果日を追うごとに連れ少しずつ彼らが言っていることを理解し、言いたいことを伝えられるようになりました。しかし私は彼らの言っていることが分からない時に”Yes”と答えることが初めの1週間で多くありました。するとホストファミリーから理解できなかったら”Sorry”や”Pardon”を使ってもう1度聞き直すようにしたらいいと言われそれから理解できなかったら聞き直すようにしました。そうすることで会話もさらにできるようになり、ホストファミリーとの楽しみも増えました。留学前レポートには最終的に寝言でも英語を喋っている状態でありたいと言いましたが寝言なので自分で確認することはできなかったですが、朝起きてあまり意識がない状態でもホストファミリーとの会話ができたことは私にとって大きな成長だったとおもいました。そのことで英語が身に染みていると実感することができました。

3つ目の異文化体験では、まず初めにオーストラリアの先住民であるアボリジニーの方が大学に来てくださり伝統的な衣装やダンスを披露してくださいました。また、顔にペイントをしてダンスを一緒に踊り体を通して学びました。今となってはアボリジニーの民族は少なくなっていますが伝統や魂がしっかりと現代まで引き継がれていることが素晴らしいと思いました。

 

次に日常生活では、就寝時間が日本と比べ早いことに驚きました。私は日本で普段12時ごろに寝ていますが、のホストファミリーは9時にはベッドルームに戻っていました。そして朝早起きしてシャワーを浴びるという生活でした。私も同じように試してみると朝から気持ちよく目覚めることができ、良い生活を送ることができました。

 

生活習慣でもう1つ驚いたのがモーニングティータイムでした。1コマ目が終わるとみんな食堂や中庭に集まりチョコレートやフルーツを食べました。友達と会話をしながらゆっくり過ごせたのでとても楽しい時間でした。

IMG_3777
最後に、私はオーストラリアに語学研修、文化体験を目標にして臨み以上のような結果となりました。私にとってオーストラリアでの時間は有意義な時間でした。これからは日常生活で自分の時間をうまく取り、日本でもできる英語学習に力を入れていきたいと思います。
古賀文弥さんのオーストラリア留学前レポート 「オーストラリア留学に参加するにあたって」 はこちらをクリックmouse

オーストラリア留学に参加するにあたって

文学部人文学科英語コミュニケーション専攻 2年 古賀文弥
Fumiya Koga2 私にはオーストラリア留学で達成したいことが3つあります。

1つ目は英語能力の向上です。現在私はTOEICでリスニング350点、リーディング260点の計610点です。私は大学生活のうちにTOEICのスコア で800点以上を取得することを目標としています。そのためにオーストラリアにいるうちに積極的にテレビでニュースを見ることや、ホストファミリーと会話 することで耳を慣らし英語の耳にしていきたいと思います。そうすることでリスニングの点数を少なくとも50点アップを目指し400点台に乗せることのでき るように努力したいです。リーディングではマレル先生がおっしゃっていたようにスマートフォンを放置し、日本語をできるだけ見ないようにすることで脳に英 語を染み込ませ、英文がすぐに理解できるようにしていきたいです。私はこのようにすることで長文読解に有利になると思っています。また、1人の時間を持て る余裕ができたら、ボキャブラリーを蓄えたいと思います。まだ私には単語力が不足しており、理解できないことが多々あります。そのためオーストラリアでの 生活の少しでも早く適応し自分の時間を作っていきたいです。

2つ目はスピーキング能力です。私はネイティブの先生、昨年のセブ島留学でお世話になった先生そして友人と授業中や休み時間に英語で会話するとき、今は 表現方法が見つからず自分の言いたいことが伝えられない時がほとんどです。そのため、オーストラリアにいるときは日本語で会話することは絶対にせずに常に 英語を話している状況にしたいです。もし梅光学院大学の友達と大学内で日本語を用い話すようになるならば、その友達とはその場にいる間だけは近寄らず話さ ないようにする覚悟はもうできています。家に帰ったら自ら積極的にホストファミリーに話しかけるようにし、例え何と表現するのか分からず立ち止まっても、 どのように言えばいいか尋ね、それが次回から使えるようにしたいです。最終的には寝言でも英語を喋っていたら英語が染み込んでいるようになったと自分でも 実感でき、そして面白いと感じます。しかし本当の目標は丁寧な申し出の仕方や会話をすらすらとできることです。  Fumiya Koga1

 

13653232_313815208957518_3400414636384287089_o

3つ目は異文化体験をすることです。先ほど書いたように、私は昨年フィリピンのセブ島に語学留学として訪れました。向こ うでは日本とのギャップに初めの1、2週間は驚かされました。そして日本がどれだけ裕福な国なのかも気づかされました。今回訪れるオーストラリアは物価が 高く、人々の就寝時間が早く、そして水資源が不足しており、利用できる水の量が限られていることろだと授業中に教えてもらいました。このように私にとって のオーストラリアはまだ授業中に学んだようなことしか個人的には理解していません。ことわざで「百聞は一見に如かず」とあるように、実際に自分がその場に 立ち体で感じることが必要です。その際に絶対にしてはならないことは文化を否定することです。自分自身が環境を理解し順応することが大切です。そしてここ で学んだことを日本でも実践できることは実践し、少しでも私の家族や、オーストラリアに行けなった友人、後輩に伝えていきたいです。

以上の目標を達成できるように努め、有意義な留学生活を送りたいです。

オーストラリア留学を終えて

 英語英文学科2年 大野 瞬平
オーストラリア留学へ向けて、事前に「自分から率先して話しかける」「異文化にしっかり触れる」「しっかり楽しむ」これら3つのことを自分の課題に設定していました。これらの事が達成できたかを振り返ります。  オーストラリア 大野2
 オーストラリア 大野1 まずはじめに「自分から率先して話しかける」ですが、十分に出来ていたと思います。朝起きたら、「おはよう」をいわれるのを待つのではなく、自分から先に挨拶をして、その日の天気や体調、学校やホストファミリーの仕事の予定などをテーマに話を広げていきました。そして学校が終われば、その日にあった出来事について話をしました。また、ホストファミリーの見ているテレビの内容や、使っているものなど、些細な疑問も質問して自分から会話をはじめるようにしていました。学内では他国の留学生や、現地の学生、先生達とよく話していました。文化の違いや、英語を勉強している理由、将来の夢、留学後の予定、オススメの観光スポットなどについてたくさん話をしました。
USQには、ダンスや、サッカーの試合などのプログラムがあり、それらを通してたくさんの人との関わりの機会が得られるので、そういったプログラムにはなるべく参加するようにしていました。しかしながら、いくら話題があり、会話をする機会があっても、自分の言いたいことを正確に伝えることはとても難しく感じました。質問をすることはそんなに難しいことではありませんが、返答する方はその答えをわかりやすく説明する必要があるので、いろいろな表現法や、語彙力が必要となります。また英語には似たような意味の単語が多く存在し、それらの単語を適材適所で選んで使う必要があるので正しい理解が必要となります。こういったことに本当に苦しめられましたが、「自分から率先して話しかける」という課題は達成でき、会話もしっかり楽しむことが出来たと思います。 オーストラリア 大野6
オーストラリア 大野4 次に「異文化に触れる」という点ですが、これも十分に出来ていたと思います。私はオーストラリア文化に直に触れるために、一人でブリスベンへ一泊旅行をしました。その際、ホテルや、バスの予約も自分で全て行いました。ブリスベンで散歩をしていたら、たまたま「オーストラリアの歴史を学ぶ」というツアーを見つけたので参加してみました。話が少し難しくて理解は出来なかったのですが、とてもよい経験が出来ました。
またオーストラリアの先住民アボリジニや、国の状況、オーストラリア人の考え方と日本人の考え方の違いなどについてホストファミリーや、先生、現地の人たちと話をして、私はたくさん驚かされました。たとえば、オーストラリアは雨が少なく、深刻な水不足でシャワーの時間が3から5分とされている家庭が多く、夏になるとよりいっそうシビアになります。また全体的に日本よりも物価が高い事を知りました。 オーストラリア 大野5
オーストラリア 大野8 私が最も興味深いと感じたのは、仕事の違いについてです。これは職種の話ではなく、就業時間についてです。日本では毎日のように残業をしている人が多くいます。しかしオーストラリアでは、職種によって差はありますが、日本よりも就業時間が短く、基本的に残業をしません。また日本では基本的に就職したら、多くの会社で副業は認められていませんが、オーストラリアでは教師でさえも副業していることを知りました。こういった違いを知りグローバルな視点を持つことは、将来を考える上で本当に重要だと思います。
最後に 「しっかり楽しむ」ですが、これは申し分ないと思います。学内での生活、ホストファミリーでの生活は何不自由なく、本当に充実した生活が送れました。最後 の2週目からは、テストやドラマパフォーマンス、プレゼンテーションなどたくさんの課題に追われて、とても忙しかったのですが、それらも含めて楽しむこと ができました。また他の学生のホームステイ先にお邪魔して、一緒にご飯を食べたり、ビリヤードしたり、旅行に行ったりしてオーストラリアでの生活を本当に 満喫できたと思います。全体的に見ても、自分の設定した課題の到達度は限りなく100%に近いものだと思います。そして、この留学を通して知り合った人達 と、これからも連絡を取り合ってまた会う機会を作れたらと思います。
大野 瞬平さんのオーストラリア留学中間レポート「オーストラリアでの挑戦」はこちらをクリックmouse

オーストラリアでの挑戦

 英語英文学科2年 大野 瞬平

 About 4 weeks have passed since Baiko students came to Australia. What I felt when I arrived here was the difference in weather. The temperature here was so low, however I felt warm because it was so dry here and the sunlight was strong.

When we arrived at USQ, we were warmly welcomed by our host families as well as USQ staff. After the orientation, each student went to his host family's house.

 オーストラリア 大野6
 オーストラリア 大野2  My host family is so kind and not only do they take me to many places, but also they make me experience many things that I've never experienced. I went camping in Gympie and I went to Rainbow Beach, looked around the Jumper and Jazz concert, Movie World with Baiko students as an extra trip and so on.
  These are good things. On the other hand, it is really difficult to catch Australian words, because the Australian pronunciation is different from the pronunciation which I have learned in Japan. Also there are many Australian slang words like "thongs (sandal), queue (line)". However it is not impossible to get used to hearing it, In fact, I understand what they say even quickly, but from speaker to speaker it becomes difficult to catch their words again, so I realized I need to talk with many people. オーストラリア 大野7
As I know I have 5 more weeks left, I'd like to have more conversation with many people, and also I hope that I can enjoy differences in culture.

オーストラリアに来てから約4週間が経ちました。ここに来て感じた事は天候の違いです。温度はとても低かったのですが、ここはとても乾燥しており、さらに日差しが強いので暖かく感じました。

私たちがUSQに到着した時、ホストファミリーとスタッフの方々から暖かい歓迎を受けました。オリエンテーションの後、我々は各々のホストファミリーの家へ帰っていきました。

オーストラリア 大野3
オーストラリア 大野1 私のホストファミリーは優しくて、色々な所へ連れて行ってくれるだけでなく、私が今まで経験したことのない、たくさんの経験をさせてくれます。ギンペイ でのキャンプ、レインボービーチでの観光、ジャンパーアンドジャズコンサートへの参加、さらにムービーワールドへエクストラトリップとして、他の梅光学院 大学の学生と訪問しました。

これらの事は良い面です。これに反してオーストラリア人の発音は、私が日本で習ったそれと違い、彼らの発音する単語を捉える事はとても大変で困難です。

 

ソングズ(サンダル), キューイ(ライン)のようにオーストラリアには多くの俗語があります。これらの俗語を聞き取ることは全く不可能というわけではありません。事実、彼らの言っている事を徐々に理解できるようになりました。しかし話し手が変わると、再び彼らの発音を聞き取る事が難しくなります。このことを通じて、より多くの人と話す必要があるとに気付きました。
       

オーストラリア 大野5

オーストラリア滞在も残すところ残り5週間、多くの人々とたくさんの会話を行い、また、文化の違いを楽しむ事が出来ればと思います。

 

 大野 瞬平さん留学前レポート~オーストラリア留学に参加するにあたって~はこちらをクリックmouse

オーストラリア留学に参加するにあたって

 英語英文学科2年 大野 瞬平
今回のオーストラリア留学に参加しようと考えた理由は2つあります。一つ目は海外旅行経験がほとんどといってないので、とにかく経験しておきたいという事です。もう一つは、流暢な会話ができるようになるためです。  オーストラリア 大野3

私の英語力はお世辞にも良いとは言えません。そこでlistening, speaking, vocabularyといったところに特に力を入れて取り組んでいきたいと考えています。そして英語を話すうえでのしっかりした基盤を作り日常的な会話が 困難なく流暢に話せるようになることが私の目標です。英語力が上がれば上がるほど英語での会話がより楽しく、充実したものになると考えるからです。そして 帰国後の授業に少しでも英語の理解力のある状態で臨みたいと考えています。そうすることで英語学習における意欲がより一層高まることを私は確信していま す。

 

私は将来、中学または高校の教員を目指しています。しかしただ 英語を教えるだけの教師にはなりたくないと考えます。外国の文化や、考え方など、英語の楽しさややりがいをさまざまな方向から伝えることができれば、英語 に興味をもつ子供が増えると考えています。グローバル化が進む中、これからも英語の需要は益々上がると考えています。そこで英語に興味を持たせることが教 師としての一番の職務だと考えています。これらを理由に、私は、英語圏の国をできるだけ多く旅しておきたいと考えます。

 

こ の留学に向けての取り組みとして、一つは会話が止まらず話し続けられるように、簡易表現をリストアップしています。そしてそれらの表現を簡単に使いこなせ るように意識的に勉強しています。また、それらの表現を応用していろいろな状況下でも対応できるように日々の生活の中で英語の表現方法を考えながら生活し ています。またそれぞれの単語の違いを聞き分けられるように洋楽を日々聞くことにしています。

 11147564_115784138760627_3314743098584559475_o

私は、留学中に3つの事を意識的に取り組んでいこうと考えています。一つ目は「自分から率先して話をすることです」このプログラムの趣旨は“英語漬け”だ と伺っています。しかしながら、周りを英語に囲まれているからと言って自分が何もしなければ、ただ環境が変わったというだけで終わってしまいます。それを 避けるために、自ら英語を中心とした日常を心がけ、“英語に漬けられるのではなく、英語に漬かりたい”といった気持ちで挑みたいです。二つ目は「異文化理 解です」異文化理解といっても幅が広いので、主に日本との違い。食生活、習慣、考え方、遊び方など、そういった違いを楽しみたいので、現地人との交流も率 先して行なっていきたいと考えています。そして最後に「しっかり楽しむ」ことです。大いに勉強して、休暇は大いに遊んで、それぞれにけじめのある行動を心 がけてオーストラリアという国を大いに楽しんできたいと考えています。また、衛生面、健康面の管理にも注意を払い、何事もなく無事に帰国できるようにでき ればと考えています。
 

オーストラリア研修を終えて

 英語英文学科2年 松崎 悠典

オーストラリアへ旅立つ前に、私は大きく2つの目標を立てこの研修に臨みました。1つ目は、「会話力を鍛える」ことで、2つ目は、「TOEIC/TOEFLに向けての勉強をする」ことです。帰国した後、果たしてこの2つの目標を達成できたのであろうかと振り返ってみました。

 Australia Matsuzaki report 1
Australia Matsuzaki report 4 私はシングルステイであったためにステイ先では必然的に英語を聞き、喋る機会は多かったです。せっかくオーストラリアに来ているのだから積極的に話しかけようと心がけました。必ず私から朝の挨拶をするようにし、その日の天気について話すなど些細な事だったと思いますが話しかけてもらうことを待つという受け身ではなく、進んで話しかけるスタンスを保ちました。また、家以外においてもUSQで留学生指導担当のケイトをはじめ、授業担当の先生たちと授業外でもオフィスに出向くなどして話す機会を設けました。

家庭でホストペアレンツと話す内容と学校で職員と話す内容は異なっていたために英語を聞く力・話す力は伸びたのではないかと思います。全て英語で行われる授業に加え、毎日ホストファミリーと会話をすることで研修当初はオーストラリア独特の英語を聞き取れないこともしばしばありましたが、研修開始から2週間ほど経つと耳が慣れ、オーストラリア人が会話の中でよく使う表現なども覚えたこともあり日常会話はさほど支障なく交わすことが出来るようになっていました。しかし、残念ながらUSQのほとんどの授業は、日本語を喋ることを厳しく禁じていなかったため友達間の会話は日本語で済ませてしまいました。たとえ日本人同士の会話であってもUSQにいる間は英語を話すよう努めれば良かったなと後悔しています。

 Australia Matsuzaki 2
Australia Matsuzaki report 3

TOEICの勉強するために持参した問題集を毎日2ページ(土曜日は1ページ)解き、答えを確認した後、理解できなかった場合はホストペアレンツに質問し、その日の内に解決するようにしていました。TOFEL対策の本を持参していなかったのでUSQから研修が終わるまでTOEFLの問題集を借りて少しずつですが毎日取り組みました。また、ホストファザーであるビルから洋書“SWEET  POISON-WHY  SUGAR  MAKES US FAT-”を貰い、その本を使ってビルに要約の指導をしてもらいました。それがTOEICやTOEFLに直接結びつくは分かりません。その本は科学的なトピックを多く含んでいたので文系の私にとって読むのは容易ではありませんでした。そういった意味では毎日たくさんの量を読みつつ慎重に読み進めねば理解できないので、精読の力が求められる良い教材だったのではないかと思います。そういった本を与え、要約の手伝いをしてくれたビルに感謝したいと思います。

今後受けるTOEICやTOEFLのテストの中で、オーストラリア留学でどれほど英語力が伸びたのか、またどの分野が苦手なのかを検証していき、日々の授業や自主学習に繋げていくつもりです。勉強しよう・勉強しなければいけないという気持ちはあったものの研修前は家庭で学習机に向き合う時間があまりありませんでした。しかし、オーストラリアの家庭で毎日自主学習の時間を設けて取り組んだことで帰国後も勉強する習慣が身についたと思います。帰国してからは日々の課題やアルバイト等もあり、オーストラリアでの日々に比べ自主学習に裂ける時間は少なくなりましたが、空き時間を有効活用しオーストラリアで身につけた学習習慣を失わないようにしていこうと思います。

 

松﨑 悠典さんのオーストラリア留学中間レポートはこちらをクリックmouse

 

オーストラリア留学中間レポート

英語英文学科2年 松﨑 悠典

I’m really enjoying my stay in Australia!
When I arrived at Brisbane Airport, I was really surprised at the weather and climate; the sky was clear but it was very cold! On the first day, we Baiko students were warmly welcomed by our homestay families and USQ staff. Then each of us went to our house with our host family. Some of us stay with another Baiko student, and the others stay single. Australia Matsuzaki report 5
Australia Matsuzaki report 2 In my case, I’m on a single stay with my host parents, Bill and Suzy. They are very kind and I cannot help eating too much because Suzy is good at cooking! On weekdays, we have seven different kinds of classes; Reading & Writing, Listening & Speaking, Drama class, Reading class, Culture studies, Team Building Activity and Sports class. We learn about Aboriginal culture, or the differences of lifestyle between Japan and Australia in the Culture studies class. The Team Building Activity class helps us to cooperate with friends through interesting tasks.
Comparing the classes in Japanese schools with Australian schools, the most remarkable class here is the Drama class. We are given some tasks like mime or short play. In Australia, Drama class is common at school. People in Australia have a break time called Morning Tea. We also have a break time at school from 10:45 a.m. to 11:15 a.m. We can go to famous spots on weekends, such as Dreamworld, Gold Coast or Brisbane as an Optional Extra Trip. All of them cost over $45 but good memories are worth the price! I hope we can enjoy the rest of our time here without any big problems. Australia Matsuzaki report 6
Australia Matsuzaki report 7 Australia Matsuzaki report 3
私はオーストラリアでの滞在をとても楽しんでいます! ブリスベン空港に着いたときに天気と気候にとても驚きました。とても澄み渡った空だったのですがとても寒かったのです!初日に私たち梅光の学生はホーム ステイファミリーとUSQスタッフの方々に暖かく迎えられました。その後、ホームステイファミリーと共に家に向かいました。私たちの数人はダブルステイ (梅光学生2人)で滞在していますが、他の人たちはシングルステイ(梅光学生1人)をしています。
Australia Matsuzaki profile pic 3 私の場合はビルとスージーという両親とシングルステイをしています。私の両親はとても親切で、スージーの作る料理が美味しいため沢山食べずにはいられません。平日、私たちは異なる7つの授業を受けています。リーディング&ライティング、リスニング&スピーキング、ドラマクラス、リーディング クラス、カルチャースタディズ、チームビルディングアクティビティ、そしてスポーツクラスです。カルチャースタディズの授業の中で私たちはアボリジナル文化や日本とオーストラリアの生活様式の違いなどを学ぶことが出来ます。チームビルディングアクティビティは面白い課題を通して友人との協力構築を促してくれます。

日本の学校の授業とオーストラリアの学校の授業を比べてみて一番注目すべき授業はドラマの授業です。私たちはパントマイムや寸劇のような課題を与えられます。オーストラリアでは、ドラマの授業は学校で当たり前のように行われているようです。オーストラリアの人々はモーニングティーと呼ばれる休憩時間を持っています。私たちも学校で10:45から11:15までの間その休憩時間があります。週末はオプショナル・トリップとしてドリームワールド、ゴールドコーストやブリスベンに行くことが出来ます。それに参加すると少なくとも45ドル(日本円で4,500円)以上費用がかかってしまいますが、それらの良い思い出は値段に値します!私たちがここでの残りの期間を何の大きな問題もなく楽しめれば良いなと願っています!

Australia Matsuzaki report 4

 Australia Matsuzaki 8

 Australia Matsuzaki report 1

松﨑 悠典さん留学前レポート~留学の目標~はこちらをクリックmouse

 

オーストリア留学についての思い

  英語英文学科2年 松崎 悠典

オーストラリア留学に向けての旅立ちの日が着実に近づいている。荷物などの準備はもちろんしなければならないが、今回の留学での目標を決めることが重要であると思う。

2か月間の留学に対して不安要素は大いにある。しかし、せっかくのこの機会を不安な気持ちで無駄にするわけにはいかない。昨年のフィリピン留学で、私は特 別な目的や目標を持たないまま約1か月間過ごしてしまった。その反省を生かし、今回は明確な目標を持って留学に臨むことにした。今回の留学で2つ大きな目 標がある。

 Australia Matsuzaki profile pic2

1つ目は、「会話力を鍛える」ことだ。私は一人ホームステイなので必然的に学校以外で英語を話す機会は多いと思う。しかし、留学先の家庭でも私が積極的にコミュニケーションを図らなければホストファミリーとの会話もつまらないものになってしまうだろう。どんなに些細と思う話題でもホストファミリーに投げかけようと思う。そして、ホストファミリーの発言に対する返答をただ単にするのではなく、日本の歴史や伝統的な遊び(折り紙やコマ回しなど)も私のできる範囲で紹介したいと考えている。そうすることによって日本に興味関心を持ってもらい、日本とオーストラリアの文化的相違点も見出すこともできるだろう。お互いの国の文化へ理解を深めることもホームステイならではの魅力であると思う。

 

 

2つ目の目標は、「TOEIC/TOEFLに向けての勉強をする」ことだ。昨年のフィリピン留学後TOEICの得点は大幅に上がった。だが、それはリスニングセクションの得点が上がっただけだったということが得点分布から分かった。おそらく今回のオーストラリア留学でも2か月間毎日の授業・家庭内ともに英語を聞き続けるのでリスニング力は上がるだろう。しかし、これは留学をした人ならば聞く力がある程度身に付くのは当たり前だと思う。それで満足するのではなく、文法や長文読解の分野においても力をつけ、TOEICでの得点を伸ばしたいところである。英語を専門にする職業に就くのであれば「Reading・Writing・Speaking」力すべてが求められる。幸いなことに、私の留学先の夫妻は数年前に韓国で英語教師をしていたらしいので、学校以外でも家庭で英語学習を補助してもらおうと思う。

 

 

留学後、TOEICでどれほどの成果があったかを確認しようと思う。TOEICの目標点数は760点である。また、帰国後TOEFLにも挑戦しよう考えているので留学先で準備を進めようと思う。このように2か月間みっちり英語に触れる機会はこの先ないかもしれないので、できるだけ日本語を使うことを避け、英語漬けになろうと心に決めている。

 

今回のオーストラリア留学が実りのあるものになるよう精一杯努力したい。

松崎 悠典さんのオーストラリア留学中間レポートはこちらをクリックmouse

 

 

 

 

 

 

留学後レポート ~2ヶ月の留学を振り返って~

 英語英文学科2年 森 亮輔
私にとっての初めての海外経験である2ヶ月間のオーストラリア留学が終わった。慣れない海外での生活や食事、1日中英語だけの毎日は決して楽しいことばかりではなかった。しかしそれ以上に多くのことを得ることが出来たと感じている。そして英語力の向上はもちろん、オーストラリアの文化に触れる機会も多くあり、充実したものとなった。
ホームステイ先では、ホストファザーのMarkは訛りが激しく、とても早口で最初の頃は一緒にいる時間が辛かったり、主食がマッシュポテトで食事があまり合わなかったりときついことが多くあった。しかし毎日の行き帰りの車での些細な会話や、子どもたちとの遊び、家族でのお祈りが1番大好きな時間だった。毎晩、日本で入院している祖母に対してお祈りしてくれて、家族以上の絆を感じた。 Australia
Australia (3) 大学生活では、現地の先生方の授業がゲームやアクティビティを取り入れ、魅力的なもので、私たちは楽しく取り組むことが出来た。試験や課題もそこにいくまでのプロセスがしっかりとしていて、全員が集中し活気あふれるものとなっていた。その他にも、高校訪問やアフリカの学生などと関わる機会などがあり、他の国を知るだけでなく、母国である日本について無知だったことも分かった。1番の驚きであった、不法移民問題も日本にいては知ることのない問題だった。
そして大学の方が組んでくださったツアーで行った、ブリズベン、ゴールドコーストやシドニーで見た多くの自然や建造物は素晴らしいものばかりで、充実していた。テレビでしか見たことのなかった、オペラハウスやハーバーブリッジなどにも寄ることができ、夢のような時間を過ごした。 Australia (1)
Australia (2) 様々な貴重な体験や経験、学び、そして出会いで大きく成長できたと感じる。今回の留学に参加することを決め、それを支えてくださった家族をはじめ多くの方々に感謝したい。多くの人に支えられていることを、この留学で知ることが出来た。今回の留学をステップとして、次の第2段階留学に向け、今まで以上に努力していきたいと思う。
森亮輔さん留学前レポート~留学の目標~はこちらをクリックmouse 森亮輔さん留学中レポート~オーストラリアで感じていること~はこちらをクリックmouse