留学後レポート ~2ヶ月の留学を振り返って~

 英語英文学科2年 森 亮輔
私にとっての初めての海外経験である2ヶ月間のオーストラリア留学が終わった。慣れない海外での生活や食事、1日中英語だけの毎日は決して楽しいことばかりではなかった。しかしそれ以上に多くのことを得ることが出来たと感じている。そして英語力の向上はもちろん、オーストラリアの文化に触れる機会も多くあり、充実したものとなった。
ホームステイ先では、ホストファザーのMarkは訛りが激しく、とても早口で最初の頃は一緒にいる時間が辛かったり、主食がマッシュポテトで食事があまり合わなかったりときついことが多くあった。しかし毎日の行き帰りの車での些細な会話や、子どもたちとの遊び、家族でのお祈りが1番大好きな時間だった。毎晩、日本で入院している祖母に対してお祈りしてくれて、家族以上の絆を感じた。 Australia
Australia (3) 大学生活では、現地の先生方の授業がゲームやアクティビティを取り入れ、魅力的なもので、私たちは楽しく取り組むことが出来た。試験や課題もそこにいくまでのプロセスがしっかりとしていて、全員が集中し活気あふれるものとなっていた。その他にも、高校訪問やアフリカの学生などと関わる機会などがあり、他の国を知るだけでなく、母国である日本について無知だったことも分かった。1番の驚きであった、不法移民問題も日本にいては知ることのない問題だった。
そして大学の方が組んでくださったツアーで行った、ブリズベン、ゴールドコーストやシドニーで見た多くの自然や建造物は素晴らしいものばかりで、充実していた。テレビでしか見たことのなかった、オペラハウスやハーバーブリッジなどにも寄ることができ、夢のような時間を過ごした。 Australia (1)
Australia (2) 様々な貴重な体験や経験、学び、そして出会いで大きく成長できたと感じる。今回の留学に参加することを決め、それを支えてくださった家族をはじめ多くの方々に感謝したい。多くの人に支えられていることを、この留学で知ることが出来た。今回の留学をステップとして、次の第2段階留学に向け、今まで以上に努力していきたいと思う。
森亮輔さん留学前レポート~留学の目標~はこちらをクリックmouse 森亮輔さん留学中レポート~オーストラリアで感じていること~はこちらをクリックmouse