最後の2ヶ月を振り返って

英語英文学科3年 垣田千幸

こんにちは。約半年のディズニーでのインターンシップを終え、8月10日無事に帰国しました。私のフロリダでの最後の2ヶ月を振り返ってみたいと思います。
授業について

前回紹介したディズニーの授業では、残りの3パークでの授業に加え、ディズニー・ワールド内にあるリゾートホテル巡りをする機会もありました。帰国する頃には、ディズニー・ワールドで働く一員として、ゲストとは違う目線、捉え方でパークを見、楽しめるようになったと思います。この授業の最終課題は授業で学んだことや自分の仕事の経験についてまとめるもので、英語でレポート用紙8枚になりました。提出締め切り日がちょうど家族が遊びに来た週末明けの月曜日だったため、日中は家族をパークに案内して夜中にレポートを書くというほとんど眠れない数日間を過ごしました。しかしレポートはとても良い評価をもらえたので寝る間を惜しんで頑張った甲斐があったなと思います。

またバレンシア大学の授業の一部であるフィールドトリップとして、6月はシーワールド、7月はオレンジ郡歴史博物館に行きました。シーワールドではバックステージツアーに参加し、マナティの手術中の様子を見学することも出来ました。イルカに触ったり、シャチのショーを最前列で見て全身ずぶ濡れになったり、日本では乗ったことのないようなジェットコースターにも乗るなど、ディズニーではないパークでも楽しい1日を過ごせました。博物館ではオーランドの歴史を学ぶことができました。また、ダウンタウンオーランドにある教会の礼拝堂に入れてもらえて、有意義な時間を持てました。その一方で、バレンシアでの私たちの2つの授業を担当してくれた先生と会える最後の日でもあり、帰国が近づいて来ているのだなと少し寂しくなりました。

Disney.0830 (2)シーワールド

Disney.0830 (9)

オレンジ郡歴史博物館

 

Disney.0830 (1)Disney.0830 (10)

Disney.0830 (11)Disney.0830 (3)

シーワールド、

オレンジ郡歴史博物館、 ダウンタウンオーランドにある教会

Disney.0830 (12)Disney.0830 (4)Disney.0830
帰国前の2大イベント

帰国まで1ヶ月を切った7月に家族がフロリダまで遊びに来てくれて、また私はカリフォルニアのディズニーランドまで旅行に行きました。

私の家族は金曜の夜にフロリダに着いて、月曜の朝早くに発つという弾丸旅行だったため、土・日の2日間しかパークで遊ぶことは出来ませんでした。しかし職場の人たちには家族が来ることを話していたので、特別にダースベーダーと会わせてもらえたり、同じインターン生の先輩にファストパスを譲ってもらったりと、周りの人たちのおかげもあり、家族にはパークを120%楽しんでもらえたので満足です。私が5ヶ月間ずっと見続けていたシンデレラ城も妹にとっては人生で初めて見るもので、妹が初めてそのお城を目にしたときのきらきらした笑顔を私は決して忘れないと思いました。家族の幸せそうな顔を見ることができ、自分がこの夢の王国で働けていることを誇りに思いましたし、夢と魔法の時間を与えてくれた全てのひとに感謝の気持ちでいっぱいの2日間でした。

ディズニーランドでの3日間も素敵なものでした。山陽小野田市と同じくらいの面積のあるディズニー・ワールドとは違い、カリフォルニアはディズニーランドとカリフォルニアアドベンチャーの2つのパークが向かい合うように作られており、短い滞在時間でも十分に楽しめました。初めてのディズニーランドで夢のような時間も過ごしつつ、フロリダとの違いを比較したりもしました。私の働いているStar Warsショーもあり、このショーに関してはワールドでやっているものの方が素敵だなと私は思いました。しかしそれ以外は私の大好きなキャラクターが活躍する場面が多く、個人的にはディズニーランドがとても気に入りました。

 

寮生活・インターンシップについて

   私のプログラムが終わる丁度1週間前に私のアメリカ人のルームメイトはプログラムを終えて帰っていきました。7月は忙しくしていましたが、何もなければ家にいて、ルームメイトと少しでも一緒に時間を過ごせるようにしていました。最後に彼女とゆっくり話したことは、アメリカ、日本、中国にあるディズニーランドをみんなで旅行したいね、ということです。いつかこの夢が叶って、再びルームメイトみんなに会える日を楽しみにしたいなと思います。

   インターンシップに関しては、働きはじめて3、4ヶ月も経つと仕事も問題なくこなせるようになり、毎日仕事に行くのが楽しかったです。しかし、月日が過ぎることは私にとってはディズニー・ワールドで働ける日数が減っていくことで、もう毎日のように職場のみんなに会えなくなるのがとても悲しかったです。この半年の生活で何が1番良かったと聞かれれば、私は迷わずコスチューミングでの仕事と答えます。基本的にはバックステージの仕事でしたが、オンステージで働いてゲストの方と話す機会もありました。英語で働くことは時には大変で、つらい思いもしましたが、私を大きく成長させてくれ、素晴らしい経験が出来たのもこの夢と魔法の世界の裏舞台での仕事だったからです。もし出来るのであれば、将来またウォルト・ディズニー・ワールドのコスチューミングとして働きたいです。

Disney.0830 (5)

コスチューミングで担当したインディ―ジョーンズのショーのメンバーたちと

Disney.0830 (8)

Disney.0830 (6)

「ディズニーランド」は、私にとっては夢の職場であり、そこで働くことは目標でした。まさか日本ではなくアメリカのディズニー・ワールドで働けるなんて3 年前の私は想像もしていませんでした。約半年間、長い人生の中ではとても短い時間ですが、世界中の人が集まる場所で沢山のひとと出会い、一緒に働くことが 出来ました。私がフロリダで見聞きしたことは全て一生忘れられない経験になりました。このインターンシップの経験を自分の将来にどう生かすのか考え、さら に英語の力を磨きつつ、残りの大学生活を過ごしていきたいです。最後にこのような素敵な機会を与えて下さり、支えて下さった全ての方々に感謝の気持ちを伝 えたいです。ありがとうございました。

前回のレポート「Star Wars Weekend!」は
こちらをクリックmouse
    

第3期生第一回留学レポートはこちらをクリックmouse