アイルランド留学 ~留学後レポート~

英語コミュニケーション専攻 4年 梶原 優芽

私はアイルランド、ダブリンにあるダブリン市立大学に9ヶ月間留学しました。そして、この留学を通して多くのことを身につけることができました。その一つは恐れることなく何事にも挑戦する精神です。留学期間中、現地の乗馬クラブの活動に参加する機会がありました。そこには、知り合いはもちろんのこと日本人もおらず、参加する前は不安な気持ちでいっぱいでした。しかし、勇気を振り絞って参加したことで、大学内では出会うことのできない他大学の学生と出会うことができたり、新しいことに挑戦したことで視野が広がりました。

「案ずるより産むが易し」という諺があります。これまでの私は思い悩んで、直ぐに行動に移すことができませんでした。しかし今回の留学を通して、くよくよ考える前にまず勇気を持って踏み出すことの大切さを、身を持って学ぶことができました。また、目標を高く持つことの大切さも学びました。

この留学に参加することは私にとって入学以前からの目標でした。一方、参加できることが決まった時、大変嬉しく感じたと共に既に目標を達成したような気分になってしまいました。しかし、現地に行ってみると、そこには自分よりもはるかにレベルの高い留学生が数多くいたのです。誰もが目標を高く持ち留学後の生活や予定に焦点を当て、如何に留学の機会を有効に活かすかを考えていました。そんな彼らと自分の意識の違いを痛感したことで、逆に気持ちを新たに留学のスタートを切ることができました。そして、自分が何のためにこの留学に参加し、何を目標に頑張るのかを明確にできたことで、時間を無駄にすることなく有意義な留学生活を送れたと思います。何より、高い志を持つ同世代の学生達に囲まれる中、互いの夢を語り合い、共に頑張ることのできる友人を得られたことは、この留学を通して得られた大きな成果であったと思います。

この他にも、この留学を通して学んだことは数多くありますが、充実した留学生活を送れたこと、様々な経験を通じて大きく成長できたことは、応援してくださった「下関東ロータリークラブ」の皆様、先生方、そして友達や家族など、多くの方々から支えをいただけたからだと感じています。これからもこうした感謝の気持ちを忘れることなく、いつか恩返しができるように、この留学の経験を活かして、世界で活躍できる人間へと成長することを目指してこれからも頑張って参ります。