お問い合わせ
資料・願書請求

英米文学専攻 博士前期(修士)課程/博士後期課程

英米文学専攻

優れた教授陣が担当する文学・語学の両分野にわたる充実した講義に加え教職の実践スキルを身につける科目も開講

本学大学院・英米文学専攻の特長は、優れた教授陣が担当するイギリス文学、アメリカ文学、英語学、言語学など、文学・語学の両分野にわたる充実したカリキュラムにあります。

2007年度からは、教職に求められる高度な理論を身につける科目を開講しています。中学校・高等学校の英語教員を目指す学生は、研究活動に取り組みつつ、英語教育法や第二言語習得論などを学びます。

教授陣

H.Murrell 教授

H.Murrell 教授

学位:
M.A. in Education(TESOL)
専攻分野:
アメリカ文学
研究分野:
20世紀アメリカ小説
研究内容:
Great American Authors
This course centers on John Steinbeck, and his 20th century realism novels. By studying his masterpiece ‘The Grapes of Wrath,’ we will discover life in the lives of immigrants, and their quest for something better. We explore the themes of family and passion as we join the family on their quest to the West. In ‘Of Mice and Men,’ we will see another harsh reality, and explore the themes of friendship, hopes and dreams, and finally of justice. Both novels end with questionable actions that leave the reader curious about motives. ‘Realism’ and ‘motives’ are also central themes to Maya Angelou in ‘I know why the caged bird sings’ and Jack Kerouac’s ‘On the road.’ Both of these novels shock the reader with updated versions of adult themes that were addressed by Steinbeck 20-30 years earlier in the century. We will focus mainly on the Steinbeck novels, but pull ideas from other novels in order to better understand not only those central themes, but also ‘justice,’ ‘innocence,’ and ‘madness.’
業績:
1.Extensive Reading and TOEIC scores
2.Parlour and the Fear of Aging
3.Dialogue Journals in the Classroom
伊藤 道彦 特任教授

伊藤 道彦 特任教授

学位:
教育学修士
専攻分野:
英語教育
研究分野:
English Teacher education、 教材研究・開発論(言語形式の contextualization と personalization)、授業論(PPP と TBL の統合)、伝統的指導技法の再構成と継承
研究内容:
生徒のやる気はプレゼンテーションで決まる。目標とする言語形式をいかに自然かつ印象的に提示するか、社会言語学・談話分析の理論的根拠に基づく場面設定の方法を研究中。C.C.Fries や Palmer の古典に論拠を置くパターン・プラクティスや GDM の技法は、確立された練習・提示の技法として保存・継承・発展されていく必要がある。contextualization, peer learning, pattern practice の3つのキーワードに基づく英語授業改善を提唱している。
業績:
1.The Effect of Presentation and Drills Focusing on the Contrastive Features between the forms of the English Present Perfect and the past Tense (英語教育学研究-金田道和先生退官記念論文集)
2.Some Remarks on Speech writing From the View Points of Communication and Discourse Analysis(下関市教育祭研究発表)
3.「セレクション」の効果:Aux-verb sequence 操作能力に関連して(中国地区英語教育学会研究紀要)
久保田 眞吾 准教授 Ph.D.

久保田 眞吾 准教授

学位:
修士(マネジメント)、教育学士
専攻分野:
英語教育、通訳・翻訳
研究分野:
英語教育評価システム、通訳・翻訳学
研究内容:
主著“Super Team-Teaching Handbook 1”及び“Super Team-Teaching Handbook 2”(編著 広島県立教育センター刊)。日本の学校での英語教育における ALT との効果的なティーム・ティーチングの在り方や、ICT の活用法、 Can-Do リストの形式での評価方法、英検などの外部検定試験の導入方法、中・高等学校英語担当の意識調査などを研究している。また、コミュニケーション能力全般に関し、英語通訳者としての実践をふまえ、異文化間コミュニケーションの視座から見つめている。
業績:
1.主著:”Super Team-Teaching Handbook 1 ” 及び”Super Team-Teaching Handbook 2″ (編著)
2.論文:「実用英語技能検定準2級とその活用方法に関する研究 -中・高校英語担当教員の意識調査を手掛かりにー」
3.通訳実績: Christina Engel 氏 講演通訳 演題 ”REFLECTION ON MY GRANDFATHER, ALBERT SCHWEIZER”

共通専攻

李 光赫 講師

李 光赫 講師

学位:
修士(Master of Divinity、牧会学)
専攻分野:
神学、牧会学、教育学(イスラエルの教育)
研究分野:
Teaching・ Preaching・ Healing に関する研究
研究内容:
近代精神は、人間の偉大な思想の数々を生み出したが、神に関しては、ごくわずかしか考えようとしなかった。近代的な神との接し方は、神をまったく否定してしまわないとしても、神から遠く離れている。今日しばしば言われることは、神学は今までになかったほど強力であるということである。学問的大家たちや、出版される書物の量と質から言って、このことは、否定できないが、福音の現実性に対して、教会を保持するという、神学の根本的使命が弱体化になってから長い間経過した。しかし、神はこの世の「外に」おられるのではなく、「今ここに」、心の中におられる。本書は学問的にも高度で優れたものであるが、神とわれわれの生き方について教えてくれる一つのメッセージである。テキスト、「Knowing God、神を知るということ」(J.I パッカー著、渡部謙一訳 いのちのことば社)、聖書(新共同訳)。
業績:
1.ChongShin(日本宣教日韓未来同伴研究、2011年)

教職関係

赤堀方哉 教授

赤堀 方哉 教授

学位:
修士(学術)
専攻分野:
教育社会学、教育人間学
研究分野:
教育と公共性に関する研究
研究内容:
主著『飛ぶ教室』(教育出版)、『教職概論』(共著、一藝社)、「公共の精神を養う教育についての一考察」ほか。子どもたちの具体的な活動や経験が、学校という社会システムの中にどのように位置づけられていくのかについて、ボランティア活動や生徒指導場面、道徳の授業、あるいは学力論争などの多方面から研究している。その中から、ポスト近代社会の学校教育および教師の在り方を模索している。
業績:
1.『跳ぶ教室』

受験生応援サイト

学部・学科・大学院

受験生応援サイト

HOMEお問い合わせ資料・願書請求入試情報オープンキャンパス交通アクセス教職員募集プライバシーポリシーサイトマップ

ページトップへ

ページトップへ

学校法人 梅光学院〒750-8511山口県下関市向洋町1-1-1TEL 083-227-1000
JIHEE認証評価