大学院:文学研究科

お問い合わせ

資料・願書請求

概要

学会の第一線で業績を重ねてきた優れた教授陣による幅広い領域の講義と少人数教育によって数多くの研究者を輩出

大学院イメージ写真

梅光学院では大学開設10年目の1976年、文学研究科(日本文学専攻・英米文学専攻)博士前期課程(修士課程)を、その2年後に博士後期課程(博士課程)を開設しました。当時の西日本の女子大学では最初の博士学位を授与できる大学院となりました。

本学大学院は、日本文学、日本語学、地域文化学、英米文学、英語学などの講義を開いています。

その特長の一つは、優れた教授陣による幅広い領域における高度な専門的講義と徹底した少人数教育です。これまで数多くの研究者(大学教員)や中学・高校教員、学芸員、司書などを輩出してきた実績を誇り、この数年は一般企業で活躍する人材も現れています。

教育現場に即応できる高い実力を持った教員を養成する「教職修士コース」「教職コース」を設置

本学大学院では、博士前期課程(修士課程)のカリキュラムに「教職コース」を開設しています。その目的は、今後、より高度な知識と実践力が要求される教育現場に即応できる学力と教育技術を備えた人材を輩出すること。同時に、進む少子化によって厳しさを増す教員採用試験に合格できるだけの学力を身につけることも目標としています。

これらをふまえ、博士前期課程( 修士課程)では院生それぞれの志望に合致する3コースを設定しています

数多くの「博士(文学)」を誕生させてきた博士後期課程の活発な研究活動や学問への高度な取り組み

キャリア支援センターのイメージ

本学大学院では博士前期課程(修士課程)の2年間で30単位以上を修得し、修士論文の審査に合格すれば「修士(文学)」の学位が授与されます。その後に博士後期課程で3年以上、指導教授の講義および論文指導を受けることで学位論文が提出できます。提出論文が審査に合格すれば「博士(文学)」の学位が授与されます。

なお、本学に博士後期課程が開設された1978年以来、「博士(文学)」の学位が授与された院生の数は27人に達しています。この数多くの“博士の誕生”は、院生たちの活発な研究活動や学問への高度な取り組みの証といえるでしょう。

コース

文学修士コース(修士の学位が授与されます)

各専攻科目から30単位以上を修得し、修士論文を提出して審査に合格すれば、修士の学位が授与されます。教諭一種免許状取得者には、専修免許状が交付されます。

教職修士コース(修士の学位が授与されます)

各専攻科目と教職に必要な科目から合計30単位以上を修得し、教材研究に関する論文を提出して審査に合格すれば、修士の学位が授与されます。教諭一種免許状取得者には、専修免許状が交付されます。

教職コース(修士の学位を必要としない人のためのコース)

各専攻科目と教職に必要な科目から合計30単位以上を修得すれば、大学院教職コースの修了証が授与されます。
教諭一種免許状取得者には、専修免許状が交付されます。 授業料は文学修士コースと教職修士コースの半額です (他の納入金は同額)。

取得できる資格

  • 国語/中学校教諭専修免許状、高等学校教諭専修免許状
  • 英語/中学校教諭専修免許状、高等学校教諭専修免許状

大学院生募集案内

梅光学院大学大学院生募集要項(博士前期課程〔修士課程〕・博士後期課程)は、入試情報・大学院入試のページをごらんください。

大学院留学制度

大学院留学制度については、留学・国際交流のページをごらんください。

受験生応援サイト

学部・学科・大学院

受験生応援サイト

HOMEお問い合わせ資料・願書請求入試情報オープンキャンパス交通アクセス教職員募集プライバシーポリシーサイトマップ

ページトップへ