3rd step①(Wディグリー)中国 青島大学長期留学2年目

2年間の青島留学後半が始まりました。青島での生活も慣れ、前学期と変わらず一緒に過ごしています。学習についてですが、授業内容は難しくなっているものの、クラスの友達が前学期と変わらないメンバーなので緊張せずに質問ができる環境にあり、分からないところもすぐに解決することができます。今学期は様々な校外活動に参加しました。その中でもスポーツ活動が思い出に残っています。綱引き、大繩大会、バレーボールの試合です。綱引きと大繩はすぐに負けて終わってしまいましたが、バレーボールは決勝まで勝ち進み、私たちのチームは優勝することができました。このような校外活動に参加することによって新しい友達も増え、良い経験になりました。

日々の生活ですが、今までと変わらず友達と授業終わりにご飯をとり、話が尽きるまで喋っています。今学期は友達とたくさんのところへ遊びに行きました。まずは黄岛です。黄岛までは片道1時間ちょっとかかりました。アウトレットへ行ったり、海へ行ったりしました。春にはクラスの皆と、中山公园に行きました。昼の公园ではお年寄りの方が歌を歌っていたり、楽器を演奏したりします。また夜の公园は公园内にあるタワーが光り綺麗な空間になります。

夏がくるとみんなで海に行く日が多くなりました。まずは小麦岛です。
とても景色が綺麗ですごく素敵なところでした。寮からも近いので気分転換に散歩できます。次に石老人の海水浴場です。今年は海の中に入り、友達から海に投げ飛ばされたりととても楽しい時間を過ごしました。
続いて、青島で映画を見に行きました。「アベンジャーズ」と「アラジン」です。今回は日本の映画ではないので日本語は聞けません。また字幕も中国語でした。見る前は内容理解ができるのか心配でしたが、中国語字幕で内容理解することができ、最後まで見ることができました。映画も感動しましたが、中国語字幕で映画の内容が理解できるようになったことに自分自身感動しました。
そして最後に、今学期はクラスメイトも含めたくさんの友達の誕生日がありました。クラスでは先生がケーキを買ってくださったり、私たちで準備をしたり、クラスの皆でお祝いをしました。また友達内では、毎回サプライズをしたり、皆と食事をとりに行ったりと、皆とたくさんの時間を過ごし関係も前よりも深い関係になりました。
今学期で青島から自国へ完全帰国の友達がたくさんいます。寂しいですが、最後残された時間を悔いなく一緒に過ごしたいと思います。

3rd step② 中国 青島大学長期留学 2年目での新たな経験!

中国に留学して1年4か月が経ちました。中国の習慣や文化にも慣れてきました。去年の3月のことを振り返ると、様々な経験ができ留学に来て、精神的にも強くなったと感じます。今学期は、去年と同じく本科の2年生として授業を受けました。今学期から、少し授業の内容が難しくなり、中国語レベルが上がっていることが実感できとても嬉しかったです。本科生なので小テストも多く、学期末テストもあります。
今学期に心がけた事は、自分の将来を見つめなおし将来の事を考え、企業研究をし、自分がどんな仕事に就きたいのかを常に考えました。この度、一番自分の中で成長した部分を知れるきっかけになったのは、北京での1人旅です。1人旅といっても、私の母の友達に会いに行くために行きました。青島で一人行動をするのは慣れていますが、北京という首都でホテルや飛行機のチケットを取ったりするのは、中国国内では初めての経験でした。この1人旅が自分の中国語に自信を持つことが出来、中国語を頑張る力を与えてくれました。また、将来自分がどんな職種に就きたいかのヒントをくれました。この1人旅のおかげで、良い刺激をうけました。
今学期の目標は、中国語でコミュニケーション能力を高める事です。今学期は、なるべく自分から友達を食事に誘ったり、自分から話しかけに行くことを中心に頑張りました。前学期は、中国語で人と話すことが積極的にできなかった時もありましたが、今学期は中国語で話すことが楽しくなり、冗談を言ったり、将来のことや、日本の文化や習慣を友達と話すことが出来るようになり、充実した留学生活となり、友人関係も深めることができました。留学生活で一番の宝物が出来ました。
来学期は、中国語検定最上級HSK6級やTOIECなどの資格取得を重点的に頑張ります。

3rd step④ 中国 青島大学長期留学へ

私は留学の経験は何度かありましたが、中国への半年留学は初めてでした。初めて青島に行ってみての感想は思った以上に都会で、道はとても広くおじいちゃんやおばあちゃんがとても親切です。青島の物価はとても安く観光出来る場所が多いのも特徴です。またマクドナルドやKFCに行くと機械化がとても進んでいて驚きました。さらにびっくりしたことは現金の使える場所が非常に少なくほとんどが携帯のpayで支払います。初めはそのことを知らなかったためフランス人の友人に手伝ってもらいました。
青島大学は想像以上に広く、校内に大きな食堂がいくつもあり、大きな運動場、体育館、公園、留学生用の寮が2棟、本科生用の学生寮が何棟もあり、歩いて校内を一周するだけでも1時間以上かかりました。
授業に関していえば、他国の留学生の聞き取りと会話のレベルは非常に高く、自分がついていけていないことを実感しました。1カ月も経てば、聞き取りや会話もスムーズに出来るようになり、友達と中国語を使ってコミュニケーションが取れるようになってきました。 2,3カ月月後には中国語以外の言語にチャレンジをし、韓国語やスペイン語、ロシア語、トルコ語など19か国語を独学で携帯にメモしながら学んでいくことで他国の外国人との親密関係が深まりました。午後の授業が無い時や休日などを利用し、友達と様々な場所へ遊びに行きました。またクラスメイトと先生と一緒にボーリングに行ったり、小麦岛という場所に行ったり、とてもいい思い出ができました。
中国語や他言語を使うことで多くの外国人と仲良くなれたことが非常に嬉しかったです。あと残り半年留学あるので、中国語のレベルを今以上に上げて、中国語検定HSK5級、さらに上位級のHSK6級取得を目標に勉強していきたいと思います。

3rd step⑤(Wディグリー)中国 青島大学長期留学2年目に突入しました!

留学2年目を迎えてから既に3ヵ月ほどに経ち、今学期も残りわずかとなりました。
留学2年目は、自分が留学に来た目的をしっかりと再確認し、一日一日を無駄にすることなく過ごし、3年次という大事な時期なので、将来の土台作りもきちんと行わなければいけません。中国では年度が替わるのは9月なので、今期も前学期同様、「2017年本科」というクラスでした。前学期のメンバーに加え、ネパール人2人と、ロシア人、韓国人がそれぞれ1人ずつ増え、クラスの人数は計14人となりました。人数が増えてもやはり皆仲が良く、変わらず楽しく勉強しています。今学期もクラスのみんなと中山公園に桜を見に行きました。去年との違いは、ただ桜を見に行くだけでなく、中国人のお年寄りの方と交流しました。担任の先生の提案で、中山公園にはお年寄りもたくさん来ているので、その方達と交流し中国のお年寄りの方への理解を深め、中国の文化も学ぼうという事でした。私も少し話をすることが出来、写真を撮るお手伝いをしました。スムーズに会話もでき去年と同じ場所で、自分の小さな成長を感じました。
今学期の初めての活動といえば端午節が近いという事で、先生と他の留学生数人と一緒に粽子作りをしました。私は今回初めて作ったのですが、ご年配の女性方が優しく丁寧に教えてくださり、手先の不器用な私も何とか形にすることが出来ました。粽子を食べたのも初めてでしたが、自分が作ったものだと思うとおいしさも一入でした。中国ならではの文化を身をもって体験することが出来、さらにたくさんの方と交流できとても楽しかったです。日本では、きっと手にすることが出来ないであろう機会が沢山あり、それに触れるたび、留学を経験して良かったなと思います。
今学期が終われば、ついに留学生活も残すところ半年となります。改めて振り返ると、今まさに貴重な経験をしているのだなと感じます。残りの留学生活は今まで以上に時間を大切にして勉学に励むとともに、ここでしかできない経験を沢山して、より多くの人と交流したいと思います。さらに、帰国後は中国検定上位級であるHSK6級を受験したいと考えており、スコアも8割以上を目標としています。来学期は授業以外に資格取得の勉強も積極的に行いたいと思います。

2nd step①中国 青島留学2学期が始まりました!

不安も入り混じりながら始まった留学ですが今ではたくさんの思い出があります。たくさんの素敵な友達と巡り合いと自分も成長できました。この写真は黄島に行ったときのものです。私の思い出の半分以上はこのメンバーです。わからないことは聞きあったり助けたりなど日本に居たときにない感覚を覚えました。自分が一番変われたところは授業中の発言が増えたことです。今までは発言している人の影に隠れていましたが、何のために留学にきたのかわからないと思い積極的に発言するように心がけました。
そしてこの写真は、同じクラスで仲良くなった日本人の女性です。5月の連休の時に2泊3日で上海に行きました。初めて中国内での旅行を楽しむことができました。
そしてさらに1年生の時の教科書に載っていた豫园に行きました。写真で見た素晴らしい景色と同じ景色で自分の目で見るといっそう感動が深まりました。人の多さに若干疲れましたがとてもいい思い出になりました。現地の人と会話で聞き取りができていたので少しずつ中国語に慣れてきているのかなと思いました。上海タワーやディズニーランド、外难などたくさんの観光地を回れて満喫出来ました。
そして一番の思い出は北京に行ったことです。私は青島にいる駐在さんたちのサッカーチームのマネージャーをしています。この写真は各地方の駐在さんたちが集まる華北カップが行われた時の写真です。30分の前後×四試合という過酷な試合でした。普段の試合とは全然違った姿が見れてとても感動しました。幸い大きな怪我をした人はいませんでした。最後は皆力を出し切りました。私はこの人達に出会って大きく変わりました。日本では様々な世代の方と何かを一緒にするということはなかったので貴重な出会いでした。また、中国での文化や習慣で大事なことを色々な事を教えてくださいました。そしてこの試合を終えてまた仲が深まりました。
北京では華北カップ以外に故宫と长城に行きました。北京の主要な場所に行けたのでとてもよかったです。长城は想像していたよりもしんどく筋肉痛になりながらも目標の場所まで行きました。その時の達成感は今でも覚えています。私の大好物である北京ダックも食べれ充実した小旅行となりました。
この4ヵ月はあっという間に時間が過ぎ、たくさんの出会いを通して楽しいと思うことが増え、気が付けばあと2週間で修了のところまできています。この経験を生かしてさらに勉学に励みたいと思っております。

2nd step②(Wディグリー) 初めての語学留学in青島大学

私にとって初めての海外、初めての語学留学となります。この中国留学が始まって、4ヶ月ほど過ぎました。出発前は不安もありましたが、始まってみるとたくさんの国から来た留学生達と多く友達になることができ、話せることも増えてきました。初めに仲良くなったのは韓国人のルームメイトです。とてもいいお姉さんで中国語も堪能な素敵な女性です。写真は彼女と梅光生4人で初めて五四广场に行った時の写真です。曇っていましたが、シンボルである特徴的なモニュメントも海もよく見えてとても綺麗でした。
他にもいくつかの場所へ遊びに行きました。この写真は黄岛に行った時の写真です。フランス、韓国、インドネシア、日本の8人のグループでお花見へ行きました。皆、中国語で話してとても勉強になるほか、いつも笑いが絶えない素敵な仲間たちです。公園には日本のような桜はありませんでしたが、たくさんの花を見ることができました。来年は中山公园に咲く桜を見にお花見に行こうと思います。
帰りに写真映えするレインボーブリッジに行きました。人が行き来する中8人で手をつなぎジャンプで写真を撮ったのはいい思い出です。
中国のゴールデンウィークには5日間の休みがありました。そこで友達と水族館に行ってみました。連休の観光地の込み具合は凄く行列を並んで、人をかき分けながら少しずつ進みました。シロクマやアザラシ、ペンギン、オオカミなどたくさんの動物が見ることができて大満足でした。もう一度行きたい大好きな場所です。
5月には運動会があり、クラスの先生から大きな旗を持つように言われ、私は日本の国旗をもって開幕式に出ました。たくさんの国旗が揺れる姿は圧巻でした。また帰りに中国人の女の子と友達になることができました。同じ留学生の仲間たちに中国語が伝わるのはもちろん嬉しいですが、中国語で母国の方と話し、友達になれたことは本当に感動的な出来事でした。
中国での生活はとても有意義で自分にとって語学をはじめ人間性も成長できるいい場所になっています。毎日新しい単語、新しい文法に出会って理解し、実際に使うことで進歩できています。来期からは本科生になります。より一層積極的になって中国語検定HSK5級取得に向けて、日常会話と合わせて日本の文化や習慣を他の国の友達に伝えることができるよう頑張ります。

2nd step③(Wディグリー) 2学期が始まりました!

私にとって人生で2度目となる海外での留学が中国の青島で始まりました。この青島大学での留学は、私にとって未知なる世界でもあり新たなる冒険でもあり大変重要な留学となります。
青島大学では、学生数が約4万人、留学生が約3千人います。留学生がたくさんいることもあり、私はこの機会を使い中国語だけではなく多言語を勉強することは良い経験になると考えていました。青島大学には世界各国から留学生がいます。私は、世界各国の留学生と友達になり現在では、少しだけ英語、フランス語、韓国語、スペイン語が話せるようになりました。そして、留学生の友達と普段英語を使ってコミュニケーションをとることで日本にいた頃よりも英語のコミュニケーション能力がすごく上がりました。
私は、まだ青島の外に出たことがないので、中国の首都である北京に旅行に行きたいと考えています。そして、日本と中国の文化の違いなど多くを学び、体験したことを様々な人に伝えていきたいと思っています。
そして、青島大学に留学中に中国語検定HSK6級の最高級を取得したいと考えています。