台湾 輔仁大学 ~1年間を振り返って~

 

東アジア言語文化学科4年 末延麻子

こんにちは、東アジア言語文化学科4年の末延麻子です。

私は、2013年2月~2014年2月までの1年間、台湾の新北市(台北市の隣)にある輔仁大学で、交換留学生として日本語文学科で学んできました。 輔仁2014後期末延③
輔仁2014後期末延④ 日本語文学科なので、もちろん台湾人学生が日本語を学ぶ学科なのですが、私は主に日中翻訳や文化、日本語教育の授業をとっていました。台湾人学生に混じって中国語で授業を聞くことに最初は戸惑い、先生が何と言っているかほとんど分かりませんでしたが、半期を過ぎると中国語を聞くことにも慣れ、友達が増えたこともあり楽しく授業を受けることが出来ました。台湾人学生の授業に対する態度は本当に熱心で、見習う点も多かったです。
日本語文学科での授業の他には、“語言中心”と呼ばれる語学センターで中国語を勉強しました。午前中は語言中心、午後は日本語文学科の授業を受けるというスケジュールでした。語言中心では、普段の授業だけではなく、バスツアーなど様々な活動を通して各国の人々と交流することができ、貴重な経験になりました。 輔仁2014後期末延①
輔仁2014後期末延② 1年間校内にある女子寮の3人部屋に住んでいました。ルームメイトは二人とも台湾人で、よく3人で日本のことについて話したり、語言中心や翻訳の宿題の質問をしたり、寮での共同生活を通して、台湾のことをよく知ることが出来たと思います。2人とも日本についてとても興味を持ってくれていて、日本を好きだと言ってくれたのがすごく嬉しかったです。日本に帰国してからも中国語の勉強を続け、台湾についても更に学びを深めたいと考えています。
前回レポート 青島大学祭レポート はこちらを クリック mouse