2013年出発組 中国語留学 青島大学 レポート 4回目 ②

東アジア言語文化学科 中国語中国文化専攻 3年 有田怜
 留学開始から既に一年半が過ぎようとしています。留学直後は二年間という期間に不安も感じたことがありましたが、青島での生活も残すところ半年だと思うと、焦りが感じられるようになりました。 image003
全体の四分の三が過ぎたところで痛感しているのは、私は周りの学生より多くの面で一年ほど遅れているということです。中国人の友人ができたのも、一人で旅行できるようになったのも、授業の内容について行けるようになったのも、今学期に入ってからの出来事です。その中でも特に、友人を作るために自分から相手に連絡を取り、外出や相互学習の約束をするというのは、私にとって非常に勇気のいることでした。しかし、周囲の同級生は一年以上前にそれらを通過し、更に充実した留学生活を送っているのだと気づき、自分の歩みが思った以上に遅いことを実感しました。

 

以前に比べればほんの少しだけ積極的に行動できたかもしれないですが、それはあくまで「以前の自分と比べたら」の話です。海外で一年半生活してきた割には外国人との接触はまだまだ少なく、もともと人付き合いや会話が苦手な私は、人との関わりを避けがちです。また、それが原因で視野が狭く、貴重な経験をする機会を自ら捨てているという自覚もあります。来学期は、留学中の最後の学期、集大成であるということを肝に銘じ、今までの自分とは決定的に違うということを実感できるような行動を起こしたいと思っています。
  前回レポート 中国語留学 中国 青島大学 2013年出発組レポート4回目①はこちらを クリック mouse