お問い合わせ
資料・願書請求

留学への意気込み2(2014/02/25)

お問い合わせ

資料・願書請求

東アジア言語文化学科 中国語中国文化学科 1年 丸本 有芽乃

 

 私は、2014年の3月に中国の青島大学に交換留学をすることになりました。期間は2年間です。大学生活の半分を向こうで過ごすことになります。大学に入学する前は、梅光学院大学の留学制度、ましてや2年間のもあるなど知りませんでした。入学して留学制度を耳にするようになり、聞いた頃はまだ入学したてで実感などわきませんでした。

 私は大学に入ってから中国語を勉強しはじめました。馮先生や遠藤先生が基本から丁寧にお教えくださったおかげで、中国語の楽しさがわかるようになりました。留学に行ったらもっと楽しさがわかるようになりたいと思うようになりました。

 5月のスピーチコンテスト、7月のインターナショナルデイ、8月のガイド実習、11月・12月のスピーチコンテスト、クリスマス礼拝の中国語でのお祈り、とこの一年間で中国語を活かせる場をたくさん作っていただきました。忙しかったけれども、全てにおいて達成感を得ることができました。これはこの大学に入ってなければ体験できなかったことばかりです。とても光栄に思います。だから留学しても、中国でしかできないこと、青島大学でしかできないことを体験したいです。

 日本の大学とは違って青島大学はお昼に授業が終わります。お昼からは自由です。しかし、選択授業というものがあります。太極拳や書道など興味があるものばかりなので、積極的に参加したいと思っています。

そんな大学生活を過ごす中で、中国でもたくさんの友だちを作りたいなと思っています。それは自分にとってかけがえのない友だちになると思います。向こうでのあらたな出会いに胸を膨らませています。

私は今、スタージェス寮に住んでいるので、寮生活には慣れているつもりですが、やはり不安です。今とはガラリと環境が変化します。慣れるまでに時間がかかると思います。

留学するということは家族や友だちと離れる、ということも意味しています。私には、自分がやりたいことをしてほしいと留学することに背中を押してくれる家族がいます。私には私と離れたくないと、涙を流してくれる友だちがいます。本当に大好きです。そんな大好きな家族や友だちと離れることはやっぱりさみしいけど、自分で決めたことなのだと噛み締めて出発したいと思います。

今年になって、やっと自分は留学に行くのだという実感がわいてきました。2月は留学のための準備期間です。持っていくものはもちろんのこと、中国語も勉強の準備が必要です。3月7日からもう授業が始まるので、ついていけるように頑張りたいと思います。

前回のレポート留学への意気込み1はこちらをクリックmouse

留学への意気込み2

お問い合わせ

資料・願書請求

  • HOME
  • 留学への意気込み2

受験生応援サイト

中国語留学STEP1

留学・国際交流

受験生応援サイト

HOMEお問い合わせ資料・願書請求入試情報オープンキャンパス交通アクセス教職員募集プライバシーポリシーサイトマップ

ページトップへ

学校法人 梅光学院〒750-8511山口県下関市向洋町1-1-1TEL 083-227-1000
JIHEE認証評価