お問い合わせ
資料・願書請求

アイルランド セントパトリックスカレッジ クリスマス休暇について(2013/01/16)

お問い合わせ

資料・願書請求

こんにちは。英語英文学科三年の湯田杏奈です。今回は、クリスマス休暇について報告したいと思います。

 

留学生は、クリスマス休暇の間、寮を出なくてはなりません。

私は、先生のご厚意で、あるアイルランドの家庭を紹介していただきました。

そのおかげで、

生涯忘れることのないクリスマスを過ごすことができました。
クリスマス休暇
学校 クリスマスキャロル

 

学校での行事

Christmas Carol 12/20

セントパトリックス大学は、小学校教員養成のための大学で、近くに提携を結んでいる小学校があります。

この日は、その小学校の児童主催のクリスマスキャロルが行われました。

真面目に歌っている子、母親に向かって手を振っている子とさまざまで、とても愛らしいクリスマスキャロルでした。

アイルランド式のクリスマスとニューイヤーイヴ!

Christmas day

クリスマスの日には、近くに住んでいる親戚のかたなどが皆一つ屋根の下に集まって一日を過ごしました。

クラッカーを皆でひいて、クリスマスの始まりです。

ご夫婦の娘さん二人と、その家族、総勢8人で食事をしたり、ゲームをしたり、一晩中テーブルを囲みました。ご近所のかたもグラスを片手に訪問してきて、話し込んだり、プレゼントを交換したりしていました。

ターキー

 St. Stephen’s day

 

St. Stephens day (Boxing day)

クリスマスの次の日は、アイルランドではセントステファンズデイ、イギリスではボクシングデイといわれ、町ではビッグセールが開催されました。

朝の6時からお店が開くので、一番早い人で朝の4時から列を作って開店を待っていました。テレビ中継をみて唖然としました。

 

New Years Eve

町の中心は人でいっぱいになっており、トリニティーカレッジの壁には、大きな時計の映像が映し出されていました。

そばではライブが開催されており、寒いなか多くの人がパフォーマンスに熱狂していました。

0時五分前にはシャンパングラスを片手に、年が明けるのを待ちました。年が明けると同時に’Cheers!’と乾杯して、なぜかみんな外に向かいます。

外に出ると、近所の人たちも出てきて、そのまま路上パーティーのような雰囲気に。初対面の人からも、Happy New Yearとハグをもらいました。

町で打ち上げられている花火の音が聞こえ、空を見上げると、謎の飛行物体が…。あれはなにかと聞くと、Chinese lanternというものらしく、うちにもあるよとホストファザーが家からだしてきました。

空に飛ばして、今年一年の運勢を占うそうです。2マイルとぶときもあるとか。しかしうちのランタンは一瞬で地面に墜落しました。

 

初めての海外でのクリスマス、新年は、初めてのものがいっぱいで、とても思い出深いものとなりました。

それも、家族の輪にいれてくれた、温かい人々のおかげです。こちらにきて改めて、新しいことを経験したりするからではなく、共有したり、意見を交換し合ったりする人がいるから、初めてその経験が特別なものになるということに気付かされます。今は、皆より一足先に寮に帰ってきて、皆の到着を待っています。新しい人と会うということに、少し緊張しますが、せっかく会えたのだから、恐れずにたくさん時間を共有して、残りの時間もいいものにしていきたいと思います。

 

 

アイルランド セントパトリックスカレッジ クリスマス休暇について

お問い合わせ

資料・願書請求

  • HOME
  • アイルランド セントパトリックスカレッジ クリスマス休暇について

受験生応援サイト

英語留学STEP2

留学・国際交流

受験生応援サイト

HOMEお問い合わせ資料・願書請求入試情報オープンキャンパス交通アクセス教職員募集プライバシーポリシーサイトマップ

ページトップへ

学校法人 梅光学院〒750-8511山口県下関市向洋町1-1-1TEL 083-227-1000
JIHEE認証評価