お問い合わせ
資料・願書請求

下関市長に英語版「おもてなし会話集」の完成を報告しました(2019/04/10)

お問い合わせ

資料・願書請求

  • HOME
  • ニュース一覧
  • 下関市長に英語版「おもてなし会話集」の完成を報告しました
4月10日(水)、本学文学部人文学科英語コミュニケーション専攻の4年生7名とアーロン チャオ(Aaron Chao) 講師、チャールズ パルク(Charles Paulk) 講師が、英語版「おもてなし会話集(サービス業従事者用英会話集)」の完成報告の為、前田下関市長を訪問しました。
多くの報道関係の方々も取材に訪れるなど、高い注目を集める同会話集は、昨年度後期に英語コミュニケーション専攻の3年生(当時)32名が8グループに分かれて、ページを分担。学生たちがアイディアを出し合い、下関市と共に制作したものです。
学生から市長へは作成時の工夫や取り組み、「本会話集が下関を訪問する外国人観光客の方との架け橋となることを期待している」ことなどを報告。一方、市長からは、「この会話集は分かりやすく、下関の歴史や素晴らしさ、おもてなしを伝えられる。2020年を控えて下関市でもインバウンド需要は高まっているので、すぐに使いたい」といった高い評価と共に、「学生の皆さんにとって、こうした実践的な経験は貴重であり、今後の人生で役立ててもらいたい」との励ましのメッセージをいただきました。
また、本会話集は、英語話者のお客様に出会うシーン別の会話を掲載(基本会話、ショッピング、飲食店、交通、宿泊施設、健康、緊急)。言葉が通じない場合でも、指さしによりコミュニケーションをとることが可能な内容になっており、市内のサービス業従事者の方々へ1,000部配布される予定です。
  
なお本学では、これまでも学生が中心となり韓国語と中国語の「おもてなし会話集」を作成してきましたが、この度の英語版により3タイプの会話集が出来上がったことになります。
本学では、今後も「語学の梅光」の特徴を活かして、地域への貢献を進めて参ります。
「おもてなし会話集(英語版・韓国語版・中国語版)」はこちらよりご覧いただけます。

下関市長に英語版「おもてなし会話集」の完成を報告しました

お問い合わせ

資料・願書請求

  • HOME
  • 下関市長に英語版「おもてなし会話集」の完成を報告しました

受験生応援サイト

学部・学科・大学院

受験生応援サイト

HOMEお問い合わせ資料・願書請求入試情報オープンキャンパス交通アクセス教職員募集プライバシーポリシーサイトマップ

ページトップへ

学校法人 梅光学院〒750-8511山口県下関市向洋町1-1-1TEL 083-227-1000
JIHEE認証評価