留学生バディ研修を実施しました(2017/09/08)

お問い合わせ

資料・願書請求

本学は、姉妹校からの交換留学生や、日本国内の日本語学校・短期大学から入学した学部留学生など、毎年多くの留学生を受け入れています。そして、このような留学生たちが日本の大学生活に少しでも早く馴染み、「梅光に来てよかった。日本に留学して良かった」と感じてもらえるよう、日本人の学生による留学生サポーター制度留学生バディ制度を設けています。

 

S__33374215_censored留学生サポーターは、週一度のコーヒーアワーや、年2回のバスハイクなどを通して、交流・支援を行う学生グループです。
一方、留学生バディは日本人学生と留学生が1対1のペアを組み、留学生の「何かあったら気軽に聞ける相棒」として、留学生をサポートします。

本日9月8日(金)は、後期に初めて留学生バディになる学生を対象に「留学生バディ研修」を実施しました。
午前中の研修では、自己紹介をした後、心構えや具体的な役割、気を付けるべきことなどについて、学生支援センターの職員から説明しました。

 

S__33374216午後の研修では、仲良くなるためにはまずは相手を知ることから、ということで後期留学生の出身大学や地域を調べ、発表するワークを行いました。どこにあるのか?どれくらいの規模の学校なのか?学部や専攻は何があるのか?今、何が流行っているのか、世界遺産など、さまざまな視点から相手の国について調べました。

次に、お迎えの旗づくりを行いました。この旗は、留学生バディの最初の仕事である、福岡空港や下関フェリーターミナルでのお出迎えの際に使います。

 

S__33374217そして、研修の締めくくりとして、「今回の研修を通して学んだこと」や「どんなバディになりたいか」を共有し、最後にスローガンを発表しました。

今回は海外留学中の留学生バディもいたため、一部のメンバーでの実施でしたが、本学で学ぶ留学生のみなさんがスムーズに日本社会や学校生活に適応できるよう助けるとともに、留学生バディ自身も研修や交流を通じて成長してほしいと願っています。

受験生応援サイト

受験生応援サイト

HOMEお問い合わせ資料・願書請求入試情報オープンキャンパス交通アクセス教職員募集プライバシーポリシーサイトマップ

ページトップへ