大学開学50年記念 式典を挙行しました(2017/06/09)

お問い合わせ

資料・願書請求


P1070111
P1070140

 

 

 

 

 

 



梅光学院大学は今年、開学50年を迎えました。
これを記念して、去る6月3日、本学にて大学開学50年記念式典を挙行しました。
式典には御来賓、学生、教職員、卒業生など約600名が参加し、半世紀の節目を祝いました。
式は梅光学院幼稚園園児たちによる特別賛美ではじまり、樋口紀子学院長・大学長の式辞につづき、御来賓の前田下関市長とキリスト教学校教育同盟常任理事でもあるG.W.バークレー西南学院院長からご祝辞をいただきました。
樋口学院長・大学長のあいあつでは、記念事業である新校舎の整備についての発表もありました。
最後は参列者一同による賛美と李光赫宗教主任による祝祷で式典は無事終了しました。

P1070228 P1070156-001 つづいて行われた記念講演会では、ンジャネ ステファン ンジェヒア氏による講演「The result of  mother’s prayer」、サシバイ キミス氏よる講演「Living with Purpose : My Earth Heir Journey」が行われました。
そして、祝賀会では、本間政雄理事長の挨拶にはじまり、江里健輔山口県立大学理事長、片山宣子同窓会長からお祝いのお言葉を頂戴いたしました。
また、本学学友会会長城野滉介さんの挨拶やよさこいダンス部や書道部によるパフォーマンスの披露もあり、大変賑やかな雰囲気の中、本学開学50年を大勢の方々と共に祝うことができました。P1070784

<講演会講師略歴>
NJANE STEPHEN NJEHIAンジャネ ステファン ンジェヒア(1990128日、ケニヤナイロビ生まれ)
2013年ジョモ・ケニヤッタ大学、バイオシステム及び環境技術学部卒。最優秀学生に選ばれる。2014年10月より京都大学大学院農学研究科に留学。2016年9月に農学修士修了。現在博士課程で勉強中。ナイロビのスラム街に住んでいたが、熱心なクリスチャンである母親から勉強することと神様に喜ばれる生活をすることが大事だと教えられる。小学生の時にキリスト教のNGO「ワールド・ビジョン」の支援チャイルドとして学びの支援を受けたことがきっかけで、高校・大学と進むことができ、日本に留学する道が開かれた。将来はケニヤに帰り、ケニヤの開発のために尽力したいという。

Sasibai Kimis:サシバイ キミス(マレーシアまれ)
クリスチャンの家庭に生まれ、ペンシルベニア大学・ウォートン校で経済学(金融・経営)を首席で卒業。ケンブリッジ大学で環境と開発の修士号取得。リーマンブラザーズ(ニューヨーク)、アジアコム(クアラルンプール)、UNDP(国連開発経計画、ガーナのアクラ)等で働いた後、2013年2月よりクアラルンプールでEarth Heir(アースエアー)を創立。途上国の女性の自立を促すために、アジアで作られたクラフトをブランド化して世界に紹介している。この活動が認められ、環境保全や社会貢献に配慮したフォーラム(Ethical Fashion Forum)の500社の中に選ばれている。2015年、国際的なビジネスで功績のあったリーダーを表彰する「米アイゼンハウアー賞」を受賞した。

受験生応援サイト

受験生応援サイト

HOMEお問い合わせ資料・願書請求入試情報オープンキャンパス交通アクセス教職員募集プライバシーポリシーサイトマップ

ページトップへ