英国劇団ITCLのシェイクスピア劇『十二夜』招致公演を開催しました(2017/05/25)

お問い合わせ

資料・願書請求

  • HOME
  • ニュース一覧
  • 英国劇団ITCLのシェイクスピア劇『十二夜』招致公演を開催しました

十二夜ポスター5月24日(水)、開学50年記念事業の一環として、来日中のイギリスの劇団インターナショナル・シアター・カンパニー・ロンドン(ITCL)によるシェイクスピア劇『十二夜(Twelfth Night)』の招致公演を開催しました。

ITCLはヨーロッパ諸国を中心に世界各国を公演先とし、各種アワードを受賞している劇団で、日本では1992年の初来日以降、古典長編作品を中心に20年以上公演を続けています。

 

公演前に行われたワークショップでは、本学の学生のほか、附属中学校・高校の生徒、教職員 総勢約50名が、ITCLの役者お二人のファシリテーションのもと、身体全体を使っての自己紹介や、『十二夜』のテーマをチームで表現するワークなどに取り組みました。

IMG_1339 IMG_1236

 

その後は、カフェテリアにてレセプション(懇親会)を開催。下関名物の瓦そばや季節のフルーツなどで、ITCLの皆さんをおもてなししました。学生たちは授業や留学で鍛えた英語を使って役者の方々に積極的に話しかけ、交流を楽しんでいる様子でした。

IMG_1351 IMG_1361

 

そして、いよいよシェイクスピア劇『十二夜』公演。多くの登場人物が交錯するストーリー、全編原語によるシェイクスピアの台詞の美しさ、プロの迫力ある演技に、ほぼ満員の場内は一気に引き込まれました。

IMG_1375 IMG_7322

 

尚、今回、ITCLの皆さんのおもてなしや当日の運営は「DMC(Dreams May Come)」という学生グループが中心となって行いました。学生たちにとっても貴重な経験となったようです。

末尾ではありますが、公演をしてくださったITCLの皆様、当日観劇にお越しくださった地域の皆様に心から感謝申し上げます。

受験生応援サイト

受験生応援サイト

HOMEお問い合わせ資料・願書請求入試情報オープンキャンパス交通アクセス教職員募集プライバシーポリシーサイトマップ

ページトップへ