最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

ルールをこえた愛!?(お泊り保育編)

お母さんや家族から離れて、一晩を、友だちや、先生と過ごす、お泊まり保育

何日も前から、不安で、「行きたくない!」と涙が出ていたKくん

でも、当日、幼稚園に来てしまえば、もう、覚悟は決まりました。
お母さんと離れる時も、泣きません。ちょっと、視線を合わせないようにお別れしただけ。目が合えば、こらえていた涙がでてしまうから。

 

寝る時にも、友だちの笑顔いっぱい。不安も、寂しさも、夜のしじまに
吹っ飛びました。

       寝るとき さわこ

そして、迎えた朝

満足感たっぷりの子どもたち
『できたね。ひとりでお泊り』
と声をかけると、みんな自信たっぷりに顔をほころばせます。

朝、権現山への散歩後に、友だちと食べる朝ごはんはとっても美味しかったです。

 朝食 えれあ 朝食 

           

朝食 全体  

 

最後は、お友だちや先生たちと、ゲームを楽しみました。

みんなで輪になり、手をつないだまま、フラフープを順番にくぐっていきます。

 『つないだ手は絶対に離さないお約束』

 

フープ 楽し ふーぷ

よいしょ、よいしょ、頭をいれて~足をぬいて~♪

たのしい~♬ 手は離しちゃだめよ~(^^♪

 

ある男の子の順番になった時です。

なんだか、くぐるのが難しくって困っています。あれ?あれ?っと、あせる男の子。でも、なかなか上手くいきません。

すると、矢のような速さで、神の手?が現れ、フラフープを掴むと、
『さあ、もう大丈夫。俺にまかせろ‼』とばかりに、グッとその困っているお友だちの体を通してくれました。あっ!Kくんです‼

一瞬、クラスのお友だちも、先生も、誰もが
         あ…⁈ 

と動きが止まりましたが…。

お友だちをなんとかしたいという思いで咄嗟に出たその心意気に、
みんな、暗黙のうちに、
『見てない。手なんて見てない。気のせい、気のせい』というムードに。

ルールを越えた愛が、そこにはありました。(o^^o)

フラフープが1周し終わると、『やったぁ~』と全員が飛び上がって喜び合っていました。       

お泊まりの終盤、ますます、友だちとの仲間意識が高まった子どもたちの、あたたかいエピソードでした。