最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

大アリさんに運ばれたスミレ

スミレのタネは蟻(アリ)に運ばれた場所で、その花を咲かせるのだと大学のT先生に教わりました。

タネにはエライオソームといってアリさんの好きな蜜がついているらしい…。

 

私は、あたり一面に…ではなく、ポツンポツンと群れないで、ひっそりと咲くスミレの花が大好きです。

咲いている時間は長くはないのですよ。

 

そんなスミレの花を、幼稚園のカイヅカイブキの木の下で発見(@_@;)

IMG_0809 IMG_0808

 

”わぁ~、こんなところによく咲いたわね~!アリさんが種を運んでくれたのかなぁ~”

とスマホのカメラを向けていると、

 

幼稚園の大アリさんが…一言

 ”あぁ 私が、芽を出していたので、踏まれないようにココに移植したんですよ”

IMG_0807

 

ただでさえ目立たぬスミレの芽を見つけて、花開く場所へ移してくださった大アリさんの気遣いに思わず拍手 \(^o^)/

 

ところが…

その日のうちに、あまりにも美しく咲いたスミレの花は、さくら組男子のケーキ職人らの目に留まり、おいしそうなケーキのデコレーションとなったそうな…(*^_^*)

スミレのいのちは、子どもたちや私たちを、幸せに豊かにしてくれました!!!

スミレさん、ここで咲いてくれてありがとう!