最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

まるで そこにいるかのように…

ペットボトルの森の中は、採取した場所の土と、枯葉、そして
ナメクジのタマゴ。

 「生まれたかなあ?」

ザルに出してみる。

 し~ん。 「ん? 静か…。」
 「そんな~。」

何にもいない。タマゴも、赤ちゃんも…。

待ち構えていた、年少のYくん、『もうちょっとその土を、ここに入れて』

そして、じっと目を凝らします。さし出した虫めがねを無言で受け取ると、指先で、用心深く枯葉をはぐり、土を掘ったり、探ったり。虫めがねを覗き込む横顔には、気迫すら感じます。

写真 1 写真 2

でも、どの時も、まるで、そこに、ナメクジの赤ちゃんがいるかのように、決して傷つけない位の、優しく、ふんわりした配慮深い指先。

小さな小さな命を愛おしむ事ができる、優しい心に出会いました。

日常の中で、子どもたちが、当たり前のように施す行為の中には、そんな、優しさが散りばめられています。