最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

たんぽぽ通信 小さな命

朝夕、秋らしい涼しい風が吹き出しました。

そんなある日のたんぽぽ(預かり保育)で、

「カブトムシの卵、そろそろ生まれているかなあ・・・」と

先生が小声でつぶやくと、

「見たーい!!!」という子どもたちの声。

それからはもう、かぶとむしのことで頭がいっぱい。

早く中が見たくて、わくわくが止まりません。

早速、かぶとむしが暮らしていた、大きなケースをひっくり返してみます。

すると・・・

 

じゃーん!小さな幼虫や卵がたくさんいました!

IMG_8312

すごいすごい!と言いながら、夢中で探す子どもたち。

「カブトムシの幼虫って、こんなんなんだね~!」と初めて見る幼虫に

心を奪われた年少のKくん。

そうそう、カブトムシって大きいけれど、生まれたての幼虫は、

こんなにも小さいのです。

IMG_8313

手でつぶしてしまわないように、そーっとそーっと慎重に、丁寧に探します。

IMG_8314

見つけたら、そっと手のひらにのせて、新しい土の中に優しくいれてあげてね。

IMG_8319

IMG_8325

IMG_8327

IMG_8320

IMG_8317

小さな命の誕生を、心から喜ぶ子どもたちでした。

そして、優しく暖かく、そっとその命を包み込むのでした。

さあ、これからみんなとお世話をするのが楽しみだなあ。