最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

いっしょに遊ぼう

梅光ようちえんでは、お部屋遊びの時間はどこのクラスにでも遊びにいけます。

 

4月に初めて集団生活を経験し、どきどきだった年少の子どもたちも、少しずつ、園生活にも慣れ、自信もつき、興味も立ち上がり、いろいろ冒険したくなってきました。

始めは担任の先生と手をつないできていたSくん。

今日は、はるばる年少のクラスから一人であそびに来てくれました。

小さな足でそのドキドキの気持ちを抱えて、さぞかし遠かったでしょう。 

目を合わすことも恥ずかしくって、話しかけるとうつむいていた、そんな4月が懐かしいです。

 

1人で訪れた年長の部屋にずんずん入ってくると、大きいお兄ちゃんたちが遊んでいるテーブルをじっと遠目で観ていました。じっと・・・

その表情からは、気持ちがその中に入り遊んでいることが伺えました。

がんばれ!!どうするの?

そう思ってみていると、

少しずつ前へ、前へと進む姿が。そして最後は、一気に踏み出し、

「いっしょにあそぼう!」

 

やった!! 大きい声で言えました。しっかり声が届きましたね。

お兄ちゃんたちは、すぐに「いいよ」「ほら」と、自分たちが遊んでいたおもちゃを差し出します。

嬉しそうなSくん。

DSC_0088

DSC_0089

 

仲間に入るって簡単ではないんです。

勇気と、タイミングと・・・ 葛藤と・・・

そんな心のいろいろを乗り越えて

「いっしょにあそぼう!!」って言葉になるんですね。

よかったね。

DSC_0094

 

DSC_0109

 

「おっ!!これスゲー」

なんて、お兄ちゃんたちに交じってなんだか、ことばもワイルドになっていくのでした。

優しく受け入れてくれる、年長のこどもたち。

もしかすると、あの時の、あの気持ちを思い出したのでしょうか・・・

様々な こころの経験の中で、育ちあっていく子どもたちが今日も、温かく輝きます。