最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

紙飛行機を折る

一枚の紙を折ると「紙飛行機」になる。

空気を捉え、ふわりと浮かぶ。

鋭く突っ走る。

もっと、もっと、遠くまで

もっと、もっと、速く。

ホール

DSC_0049

DSC_0069

DSC_0076

DSC_0093

DSC_0102

 

折り紙の本をみながら、友だちと試行錯誤し、開発が進む。

試運転!

うまくいかない・・・

なぜ?

わかった!!

そして、また、試行錯誤している。

うまくいかないからこそ、夢中になる。

年長の子どもたちは、その時に、先生を頼らない。

先生は、眼中にない!!という感じで、友だちと頭を突き合わせ、紙飛行機の開発に乗り出す・・・

そして、うまくいくと、「せんせい!!みて!!」と真っ赤な顔で、目をキラキラさせてやって来る!!

 

次は、遊具倉庫の上の小窓を通してみる。

DSC_0045

DSC_0048

 

 

とにかく盛り上がる。

窓枠に飛行機が引っかかった!

「おれにまかせろ」と力強い声がする。

自分の飛行機を当てて友だちの飛行機を助け出す。

「よっしゃ~」

「わっ!すげ~!ありがとう」

 

1人でも飛行機は折れるし、飛ばせる。

でも、そこに友だちがいるから、もっともっと楽しくなる。

遊びの世界が広がっていく。

そして、友だちの色々な面と出会いながら関係が深まっていく。

友だちっていいね。

夢中になれるって素敵だね。

 

そして、今では、年中さんや、年少さんも。

まだまだ、紙飛行機のブームが続きそう・・・