最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

どうして?なるほど!

 

Aちゃんが、廃材の中からプラスチックのカップを取り出し、底に水性のカラーペンで色を付け、水を入れて色水を作っていました。

「すみれさん(年少)の時にもやったんだ~!」と、嬉しそうなAちゃん。

前に遊んで楽しかったことを懐かしみ、またやってみたいと思ったのでしょう。

周りの友だちもその姿を見て、カップを探し、同じように色水を作ります。

 

「ねえ~これ凍らせてみる?」「いいねいいね!」

ということで、凍らせてみました。

 

P1000398

じゃーん!

色水が固まり、色付きの氷の出来上がり。綺麗だね。

「うわー!つめたーい!」とみんな大喜びしています。

するとCくんが、「ねえねえ、この氷はカップから出ないよ?」

と、首をかしげていました。

カップの形によって、氷が出にくい物もあるのです。すると、それを見ていた

Bちゃんが、「これはカップの出口が狭いから出にくいんだよ!」と、答えます。

「なるほどね!」Bちゃん、とても分かりやすくて、お見事です。

P1000403

今度は、紫色と透明の氷を触っていたSくん。自分の手のぬくもりと、外の空気に

よってどんどん溶けていく氷を見ています。氷が溶けて混ざり合う色水を見て、

「どうして透明なのに、紫色になるの?」と不思議に思います。

すると、今度は先ほど疑問を感じたCくんが、「それは紫の方が濃いからだよ!」

と答えます。氷も絵の具のように、溶けて混ざるとまた違う色が生まれるのです

ね。納得したCくんは、嬉しそうに薄紫色になった色水を触って楽しみます。

P1000402P1000401

 

冷たくて気持ちの良い感触を楽しみながら、たくさんの「どうして?」「ふしぎだ

な~」「なるほどね!」に出会った一日でした♪