最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

最後の日・・・ありがとうを伝える日

3月16日、梅光学院幼稚園さくら組31名が卒園していきました。

その日を迎えるまでに、いろいろな最後の日を経験しながら、、、
「絵本借りが最後の日」「英語が最後の日」「給食が最後の日」「お母さんのお弁当最後の日」・・・そのたびに、子どもたちも、先生たちも「あ~、卒園まであと少しなんだ」としんみり。
でも、その時、その時に「お手伝いのお母さん、ありがとう」「K先生、ありがとう」「ゆうゆうさん、ありがとう」「お母さん、ありがとう」とありがとうを伝えることで、前を向き、次に向かっていけるのでした。

卒園の前日、3月15日、子どもたちはいつものように登園してきて、シール帳に「最後のシール」を心を込めて貼りました。明日(3/16)のところには「そつえんシール」が貼ってあるのです。「いよいよもう明日だ・・・」と、その表情は喜びも淋しさも混じっている様子でした。

 

DSC_2091

DSC_2087

DSC_2089

それまでずっとお休みしていたMちゃんも揃い、31人みんなでその日を嬉しく過ごしました。
そして、「最後の卒園礼拝の練習」31人みんなの歌声、言葉がホール中に響きました。

DSC_2098
そして、3月16日卒園の日「幼稚園最後の日」
さくら組のみんなは、お家の方、先生たち、もも(年中)組さんたちに、たくさんの「ありがとう」を伝えて、巣立って行きました。

HP用卒園礼拝
「ありがとう  さくら組のみなさん!!」