最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

ブランコだ~いすき

園庭の隅っこで、男の子たちと砂山で遊んでいたら、年少のRちゃんが、気持ちを弾ませながら、でも、なんとなく遠慮がちに、男の子たちの間をすり抜けながら、傍にくると、身体をぴったりつけると、耳元で、
「あのねえ、ブランコがじょうずになったよ・・。」と囁いた。

そして、くるりと向きを変え、ブランコへ走って行き、腰掛ける。
ブランコは、小さく揺れ始める。

追いかけていって、その様子を見ていると、時々、
「見てる?」
という視線を送ってくる。

そして、はにかんだような笑顔を乗せ、ブランコは、小さく揺れ続ける。
足を、
のばして~、まげて!
のばして~、まげて!

ブランコは揺れる。小さく揺れる。

風を感じ、隣で揺れる友だちを感じ、なんだか、うっとり・・・。

ずっと、こうしたかったんだよね。ブランコ 友達と

ブランコ

ブランコ1