最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

できるかな?と思ってやってみたらできたよ

残暑の残る園庭では、夏休みが明けて、一回り成長した子どもたちが元気に自分の遊びたい場所や友だち、玩具で今日も元気に遊んでいます。

 

いつも、ゆっくりと、じっくりと過ごしていて、控え目なHちゃんが、声を弾ませて「先生!!きて!!できるようになったよ!!」と私の手をとり、ぐいぐいと引っ張っていきます。

連れて行ってくれた場所は、三角屋根の遊具でした。

数日前、探検ごっこでクラスのみんなと乗り越えた、あの三角屋根です。

その時には、高くて怖くて乗り越えるときは先生と一緒でした。

1学期に登ったときには、「こわい」と、引き返す選択をし、途中で下りました。

 

その全ての経験がここに繋がったのでしょう。

途中で引き返した悔しさ、怖かったけど、支えられながら乗り越えた屋根の

てんっぺんの感覚。

 

今、目の前にいるHちゃんは、確かな足取りで屋根の傾斜を登り、あの頂を一人で乗り越え、向こう側の傾斜を下りています。

その姿は、出来るようになった喜びと自信で とても頼もしく見えました。

 

お迎えに来られたお母さんにも、もちろん見せていました。

そして、深~いことばをお母さんに言ったそうです。

「わたしは、あきらめることを やめたの。」と・・・。

心に染みることばでした。

4歳のHちゃんが自分の意志で登る事を諦め、自分の意志でもう一度チャレンジしてみたこと・・・

あらためて、すべての事には「とき」があること、また、その「とき」を待つ大切さを感じました。そして、子どもが自らの意志で行動する大切さも学んだ出来事でした。

ありがとうHちゃん。IMG_0441