最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

二つください!

職員室に1日に1回は、「”冷やすの”ください!」(保冷剤のこと)と必ず小さな来訪者がある。

(その1)

「どうしたの?」

「手を挟んだ」

「そう、痛かったね」

と、交わすだけで痛みが吹き飛んでしまうから不思議!

 

(その2)

”冷やすの”ください…」と言ってやって来るのですが…

「今日の預かりだれ?」

「調べてみようね」

と、ついでにちょと気になるお預かりの確認!

これで、安心、安心!

 

(その3)

「○○ちゃんとケンカした…」

「そう、痛かったね。冷やそうね」

(赤く腫れたところも、心も…)

と、これが一番多いパターン!

 

それが…、この日はこの後があったんです!!!

「二つください!」

「二つ?」

「○○くんのも…」

と、ぶっきらぼうにケンカの相手の分まで!

「そう、仲良く二つね。ちょっとお待ちください~」

素敵なRくん。

 

しばらくして、Rくんのお部屋へ行ってみました。

すると、”冷やすの”は持ってるけど、もうすっかり立ち直って他のお友だちと遊んでいましたよ。

IMG_7104[1]

 

担任の先生曰く、

「Kくんに渡すのが恥ずかしかったらしく、私に”渡してって”保冷剤を持ってきたんですよ」

Kくんの分まで二つと考えついたRくん!

Kくんは嬉しかったんでしょう、まだ”冷やすの”してましたよ~!

IMG_6990[1]

”冷やすの”の効果は抜群!

子どもたちは、職員室へ向かいながら どんな思いでやってくるのでしょう。

”冷やすの”は、わたしたちの心をつないで、やわらかくしてくれる癒しの素です!