最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

自分で!!

子どもたちが成長していく中で、訪れる、「じぶんで!!」の時期・・・。

ちょうど、2歳くらいでしょうか・・・。

何でも自分でやりたがる時期があります。自分が「小さい」なんて思っていないから、まわりの大人と同じように、自分にはできる!!という固い確信があります。

そこで、失敗しながら、五感で感じて、手先の使い方、体の使い方、力加減などの要領を経験の中から知り、出来た喜びや達成感、できない悔しさや腹立たしさを心で感じて、少しずつ出来る事が増えていきますね・・。

そして、そこを過ぎると、またまた、なぜか、「やって!!」の時期が再来・・・。

簡単にできるようになったものには魅力がなくなったり、やっても前のようには褒められないし、びっくりもされない・・・。そうなると、面倒になってしまって・・・。

「おかあさん、これ、できん。やって」

「せんせい、あけてください」

「せんせい、とってください」

だから、「まずは、自分でやってみてから、どうしても出来なかったら、できないって教えてね。お手伝いするから」と先生は声をかけます。

 

そう・・。この日も、そう声をかけました。

あれは、収穫感謝礼拝の翌日の「具沢山味噌汁作り」の準備中のことです。

エプロンや三角巾を着けていました。

「せんせい、これができません」と三角巾を持ってくる子が多く、いつものように声をかけました。

しぶしぶ、三角巾を自分の席に持ち帰り、「じぶんで」やってみました。

少しして、回りを見渡すと・・・。

 

お~い!!見えてるか~い?      ん?イカ?

IMG_1760 IMG_1761

 

 

アラブのお姫様・・・?       田吾作どん?

IMG_1764 IMG_1752

あれれ・・・(笑)みんな、がんばったね!!

 

みんなで、大笑い♪

本当に、楽しくて、愛しい子どもたち・・・。

この後、美味しい「具沢山味噌汁」に舌鼓を打ちました♪