最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

優しい手で・・・

まだ、赤ちゃんのときの面影を残す、ふっくらとした、まぁるい「手」

その「手」で、自分の世界を表現し、なんだろう?に触れ、チャレンジし・・・

子どもたちは、自分をとりまく世界を手探りで、また、しっかりと、その手で掴みながら生きています。

2016-07-12_028 2016-07-12_025

まず触ってみて確かめ、触る事が怖くて手を引っ込め、友だちが触っているのを見て、安心して触れたり・・・。

2016-07-12_021 2016-07-19_001

 

年中さんは、今年5歳になります。5年分のを積み重ねてがあります。

2016-07-12_019 2016-07-12_0152016-07-12_017 IMG_5286

 

手をつなぐと、相手の温かさが伝わってきますね。

IMG_7726

親子で手をつなぎ、ただいつもの道を歩くだけででも、なんだか幸せな気持ちになります。

ハンバーグを手でこね、おにぎりをにぎり・・・。それを、おいしそうに頬張る姿を見ているだけで、幸せを感じます。「手」は、「愛」を伝達します。

転んだとき、おなかが痛いとき、

「いたいのいたいの、とんでいけ~♪」と、お母さんが手を当てるだけで子どもの心の「いたいの」はとんでいきますね。「手当て」のたいせつさ・・。

 

これから、子どもたちが出会う、いろいろな命に、優しい、愛のある「手」を伸べられるような人でありますように・・・。そう心から願います・・・。

きっと、神さまは、その為に、私たちをこの形に創られたのでしょう。