最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。(マタイによる福音書6章33節~34節)

~真の平和と共に歩む子どもたちへ~

梅光学院幼稚園の今年度のテーマは、「平和とともに」です。

真の平和とは、個人的な意志ではなく、神の御心のもとで成り立ちます。
なぜなら、人の想う個人的な意志とは、決して完全、完璧ではないためです。人の意志というのは、それぞれの弱さをもっています。

例えば、シリア難民の問題について考えるとき、本気で難民問題を心にかけている人なら、自分の食べ物のことだけを心配するはずがありません。また、この世界の平和を本気で願う人なら、如何にして自分の利益のために他人を陥れようかとは考えるはずもありません。しかし、このような問題について考えようとするたびに必ず言われるのが、「では、私たちの生活、生計は一体誰が面倒みてくれるのか。神がすべて責任をとってくれるのか」ということです。つまり、結局のところ現実問題に戻ってしまうのです。

しかし、聖書は、神がすべて責任をとってくれると記しています。
大切なのは、私たちがこのメッセージに本気で耳を傾けているかいないかという点です。あなたは真心をもって神を信頼し、委ねたことがあるでしょうか。真の平和を得る生き方を送るためには、「神の御心を慕い求めながら、一日を無駄にしてはならない」とイエス・キリストは教えています。

BBQcs15112_2何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。

マタイによる福音書6章 33節~34節

 

神の御心の通りに正しく生きていれば、現実問題を乗り越えた真の平和と共に歩むことができます。本園は創造主である神を信じる信仰に基づいて建てられた幼稚園です。子どもの教育においても同様です。聖書の教え、神の御心の通りに正しく生きていれば、真の平和と共に歩む子どもとして育むことができます。